日々の生活,美術

木喰(もくじき、仏師・1718-1810)

連休中に木喰の里(山梨県身延町)まで行ってきました。木喰という人は江戸時代の仏師で、円空より100年くらい後の人です。微笑仏(みしょうぶつ)という笑顔で丸みのある仏像が代表的です。抽象的で鋭角的な円空とは対象的に、丸く、工芸的で「まんが日本昔ばなし」のような親しみやすい表情です。木喰についてはざっくりこんな感じです。


山梨の山中の農家の少年は14歳のとき「ちょっと畑行ってくる」と言ってそのまま江戸へ。それから就職と失業を繰り返し22歳のときに出家。45歳のときに木食戎を授かり、このときから「木喰」と名乗るようになります。

木食戎というのは厳しい修行で、要は木の実しか食べないのです。詳しくいえば、もともと肉NGに加えて穀類NG、木の実でも栽培果実はNG、加熱食や塩を加えるのもNGだったようです。栗100粒で100日過ごしたなんて話もあるようです。そばはOKだったようで、そば粉を水でこねたものを食べたりしてたそうです。普通は100日なんですが木喰はそれを生涯続けたそうです。

それから10年以上経過した56歳から廻国修行を始め、全国を行脚します。津軽海峡を渡り北海道から南は鹿児島まで回ります。廻国修行中に円空仏に触れて感動して彫刻を始めたという説もあります(諸説あり)60歳を越えてから造像を始めるという超遅咲きです。

それから生涯廻国修行の行く先々で仏像を残していきます。80歳の頃に「微笑仏」で知られる満面笑みの作風に到達。90歳を越えても旅の中にありました。89歳、京都に行ったときの記録によると木喰は180センチの長身痩躯で髪も髭も真っ白、土色の服で錫を持っていたそうです。びっくりしたでしょうね。やはりその時も五穀や塩を取らず、布団に寝ず常に衣一枚でいたそうです。(リンク:清源寺)

それまで楽なことなど一つもないように見えますが造る仏像は満面の笑顔。先の京都では十六羅漢が盃を持って顔を隠してる像もあったり(破戒です、笑)また書画も多く残しております。

まるまると まるめまるめよわが心 まん丸丸く 丸くまん丸

なんて歌も残しています。

木喰の里微笑館で書籍を購入

93歳でこの世を去ります。旅の中で没し、死んだことだけが伝えられただけで、どこで死んだかは今もわかっていません。

千体を越えて造像された木喰仏は庶民の中にあって、脚光を浴びることもなくあるものは打ち捨てられ、売られ散逸し、忘れ去られました。100年以上経過し、1924年(大正13年)柳宗悦が偶然発見、それから再評価の動きになりました。


木喰の故郷見延町にある記念館「微笑館」に行ってきました。私営の小型美術館程度の規模・立地を想像して行くと想像以上に険しい山の中でした。

右は崖、左も崖。ガードレールなしの1車線。軽自動車でも怖い

記念館にはいくつかの書画の展示があり、非常に残念なことに実物の像は1点のみ、ほかはレプリカでした。木喰仏の現存数は600を越えるんですが、蒐集はうまくいってないようですね。

木喰仏は現存数も多く国内各所に点在するので、見る機会はあると思います。親しみやすく、かわいい像が多いので是非おすすめですよ。

参考:

  • 木喰仏入門 小島梯次
  • 木喰展カタログ(見延町なかとみ現代工芸美術館)
  • Wikipedia 木喰

日々の制作

個展?グループ展?

先日、知らない番号からかかってきた電話を取ると、

相手「塚原さんですか?」

自分「失礼ですがどちらさんでしょうか?」

相手「Aギャラリーです」

自分「え?ああ!ああ?」

となりました。


Aギャラリーは、これ以上無いほどアクセスが良く、立地に関しては銀座最高峰と言える場所にあります。広さもなかなかのもの、しかも破格に安いのです(その代わり絵画仲介という意味合いはとても薄いです)結果、とても人気で、問い合わせても来年の予定は一杯で予約を入れることができません。

それが去年の夏の話で、その後東京展に出品すれば案内状をAギャラリーに送り「再来年よろしくおねがいします」年賀状をAギャラリーに送り「来年よろしくおねがいします」個展を開けば個展の案内状をAギャラリーに送り「来年よろしくおねがいします」…そして個展が終わったあたりで一段落して、Aギャラリーのことは半分諦め、コロナで来年もどうなるかわからず、ひとまず画廊のことは頭から半分離れておりました。

その後、個展を目標としてこだわることをやめて、別の出品のため100号を数点仕上げることを目標に制作を進めています。100号はギャラリー向きではないです。なので、来年は個展を開かなくていい。画廊向きの作品数が揃わなくてもいい。大作を仕上げていく。すっかりそのつもりになった矢先でした。

相手「Aギャラリーです」

自分「え?ああ!ああ?」

とはいえ、せっかく借りれるチャンス。一度借りれば翌年以降も再び借りれる可能性が高いのです。しかもあれだけこちらからお願いしている手前もあって、これは断りにくい…

とりあえず画廊は借りる方向で。申込書には正直に「現在大作に注力しており作品数が揃わない可能性があるのでグループ展に切り替えるかもしれません」と書いて申し込みました。

そんなわけで、現在作家活動中の方やそうでない方も含め、グループ展のお誘いをすることになるかもしれません。来年の4月25日から5月1日までです。そうなったときはご協力いただけるととても有り難いです。

日々の制作,未分類

パネルに仮縁を取り付ける

友人の額縁のプロにアドバイスもらいながら、仮縁の取り付けもいい感じにできるようになったので取り付け方をご紹介します。

パネルを乗せる台をセット。缶がそれです(缶でなくても良いです)

ベタで置かずに浮かせたほうが作業を進めやすいです。

スペーサー(ダンボール製)を貼り付けます

両面テープで軽く付けばいいです。側面の、ネジの下になるように、ダンボール片をつけます。仮縁はパネルより一回り大きいので、クッションとなるものを挟んでおくと調整しやすいです。

両面テープで軽く留めます

説明書に沿って仮縁を組みます

コーナーの留め具は少し歪ませて、噛み合わせをよくします。

偏らないように枠をバランスよく載せます

この段階で角は合わなくていいです。左右のバランスが取れていればいいです。

千枚通しで下穴を開けます

画面に対して十字に、真ん中からビス止め。ビスはできれば垂直に打ちたい。下穴を打っておけばより綺麗にビスを締める可能性が高くなります。ビスが汚いとみっともないですからね。

留めるのはまずは仮止め、あんまりギュッと締め上げないようにします。

コーナーを決める

額縁は角が命。綺麗にチリが合うように角を決めていきます。角が綺麗に見えるよう締めて調整していきます。

角が終われば、仮止めのセンター部分も締めていきます。締め込みすぎず、ネジが出っ張らない程度まで締めれば良いのです。

仮縁は、角が立って中を絞りすぎがちなので、あんまり頑張らないのが良いですね。

裏からみたところ。綺麗にできたと思います

日々の生活

今、石膏デッサンは必要か。

いつもの画材屋さん(朋友堂カマタさん)でふと面白そうな本があったので手にとってパラパラ見てみるとなかなかおもしろそうで、ついつい見てました。色々懐かしい。

お店の方に「ご自由にどうぞ」と声をかけられ気がつくと、そのとおり「ご自由にお持ちください」のワゴンにおいてありました。少しくたびれてますがなかなか立派な本。12月号だから去年の12月かな。もらって帰りました。

去年の12月号かと思ったら2005年の号でした。フリーワゴンとはいえ何故?

内容はとても面白く、会田誠氏のインタビューは、同世代ということもあって、一つ一つが懐かしくうなずく話でした。ただ「僕(会田氏)の翌年は久しぶりに試験に石膏が出て受験生がおたついた」という発言がありましたがこれは会田氏の記憶違い。なぜなら彼の翌年は自分が受験して、石膏ではなかったから間違いありません。

その後、私が芸大の試験官をやったときに大量の石膏を見た記憶があるので、「久しぶりに芸大の試験に石膏が出た」というのは事実ですがもう少しあとの話です。

それから野見山暁治先生のインタビュー。野見山先生は、それまで芸大の入試問題は石膏デッサンだったのを、石膏を排除し、試験制度を改革した教授としてあとあとまで語り継がれ、その話だけは知ってる人は多いと思いますが、それに至るまでの経緯や心情が直接語られててとてもおもしろい。さらに、石膏をやめて花を描かせたらお金がかかって周りからうるさく言われた話であるとかもなるほどな話。助手や出題官として大沼映夫先生、中林忠良先生と懐かしい名前が出てくるのも個人的に楽しい話でした。

著名な画家の石膏像も多く収録されていて、島田章三、村上隆、小松崎邦雄、黒田清輝、佐伯祐三、有元利夫の石膏像が。ちょっと笑ってしまいました。意外と皆真面目に描いているもんだなと。

村上隆氏の石膏デッサン。意外と真面目

実は「美術の窓」って買ったこと無かったかもしれません。今回も買っていませんが。学生の頃は美術誌と言えばまず「美術手帖(BT)」たまに「芸術新潮」気になる号があれば古い「みづゑ」なんて感じでしたが「美術の窓」も良いかもしれないですね。ちょっと気にしてみます。

教室,水彩画

本日は、午前中こどもリモート教室に続き、午後は大人教室の予定でした。が、大人教室のAさんの体調が優れず、連絡の結果、リモート教室ということになりました。内容は、講師デモ。Aさんの撮影された写真を元に描きすすめるというものです。

一枚目は花巻市にある"A Resting Man"という彫刻。雪景色の元の写真がすばらしく詩情のあるもので、とても写真も上手く、水彩画にする上で大きく変える必要のないものでしたが、いくつか省略してみました。背景の描き込みを省いてみましたがやや省きすぎでした。

休む人の彫刻

短時間で進めたため、もう一枚追加でデモ。こちらは逆に時間不足。描き込みきれないままでしたが雰囲気は伝わるでしょうか?

エジプトの市

レシーバをつけて解説しながら描くのはなかなか大変なものですね。自分としては満足度は今ひとつの出来でしょうか。それでも何か参考になるものが見つかれば幸いです。