パネルに仮縁の取り付け方

2020年9月11日

パネルに仮縁を取り付ける

友人の額縁のプロにアドバイスもらいながら、仮縁の取り付けもいい感じにできるようになったので取り付け方をご紹介します。

パネルを乗せる台をセット。缶がそれです(缶でなくても良いです)

ベタで置かずに浮かせたほうが作業を進めやすいです。

スペーサー(ダンボール製)を貼り付けます

両面テープで軽く付けばいいです。側面の、ネジの下になるように、ダンボール片をつけます。仮縁はパネルより一回り大きいので、クッションとなるものを挟んでおくと調整しやすいです。

両面テープで軽く留めます

説明書に沿って仮縁を組みます

コーナーの留め具は少し歪ませて、噛み合わせをよくします。

偏らないように枠をバランスよく載せます

この段階で角は合わなくていいです。左右のバランスが取れていればいいです。

千枚通しで下穴を開けます

画面に対して十字に、真ん中からビス止め。ビスはできれば垂直に打ちたい。下穴を打っておけばより綺麗にビスを締める可能性が高くなります。ビスが汚いとみっともないですからね。

留めるのはまずは仮止め、あんまりギュッと締め上げないようにします。

コーナーを決める

額縁は角が命。綺麗にチリが合うように角を決めていきます。角が綺麗に見えるよう締めて調整していきます。

角が終われば、仮止めのセンター部分も締めていきます。締め込みすぎず、ネジが出っ張らない程度まで締めれば良いのです。

仮縁は、角が立って中を絞りすぎがちなので、あんまり頑張らないのが良いですね。

裏からみたところ。綺麗にできたと思います