日々の制作

個展?グループ展?

先日、知らない番号からかかってきた電話を取ると、

相手「塚原さんですか?」

自分「失礼ですがどちらさんでしょうか?」

相手「Aギャラリーです」

自分「え?ああ!ああ?」

となりました。


Aギャラリーは、これ以上無いほどアクセスが良く、立地に関しては銀座最高峰と言える場所にあります。広さもなかなかのもの、しかも破格に安いのです(その代わり絵画仲介という意味合いはとても薄いです)結果、とても人気で、問い合わせても来年の予定は一杯で予約を入れることができません。

それが去年の夏の話で、その後東京展に出品すれば案内状をAギャラリーに送り「再来年よろしくおねがいします」年賀状をAギャラリーに送り「来年よろしくおねがいします」個展を開けば個展の案内状をAギャラリーに送り「来年よろしくおねがいします」…そして個展が終わったあたりで一段落して、Aギャラリーのことは半分諦め、コロナで来年もどうなるかわからず、ひとまず画廊のことは頭から半分離れておりました。

その後、個展を目標としてこだわることをやめて、別の出品のため100号を数点仕上げることを目標に制作を進めています。100号はギャラリー向きではないです。なので、来年は個展を開かなくていい。画廊向きの作品数が揃わなくてもいい。大作を仕上げていく。すっかりそのつもりになった矢先でした。

相手「Aギャラリーです」

自分「え?ああ!ああ?」

とはいえ、せっかく借りれるチャンス。一度借りれば翌年以降も再び借りれる可能性が高いのです。しかもあれだけこちらからお願いしている手前もあって、これは断りにくい…

とりあえず画廊は借りる方向で。申込書には正直に「現在大作に注力しており作品数が揃わない可能性があるのでグループ展に切り替えるかもしれません」と書いて申し込みました。

そんなわけで、現在作家活動中の方やそうでない方も含め、グループ展のお誘いをすることになるかもしれません。来年の4月25日から5月1日までです。そうなったときはご協力いただけるととても有り難いです。