MetLog

  • 子供の遊び

子供の遊び1 ポコペン

何気なく近所の子供たちが空き地で遊んでるのに目をやれば。

「○○ちゃん、ポーコペン」

という声。ポコペンか。どんな遊びかは、知りません。ポコペン。どこかで聞いたことがあるような、無いような。どこだったろう。少なくとも大人になってからそんな言葉を聞いた事も使ったことも、ありm、いや、あった。


1992年。まだインターネットの時代でもない。当然Wikipediaもない。総勢20人程度の某ゲーム会社、深夜過ぎ。

ゲーム内のアイテムを検討中のAがふと顔を上げて言いました。

A「おー?!これは…metro、ポコペンって知ってる?」

私「いや?知らない。けど聞いた事あるような」

A「鬼ごっこみたいな遊びで。まぁいいや、それがさ、広辞苑に載ってるのな。漢字がある。ほらココ」

ポコペン【不彀本】(中国語で、元が切れる意)だめだ。話にならぬ。

A「中国語とはね。それに広辞苑に載ってるなんて。そうだアイテムかキャラ名で使おうか」

私「いいねぇ音も面白いし。遊びの名前でもあるんでしょ?ポコペンパークとか。どうよ。鬼ゴッコぽいイベントを入れてさ」

というあたりで、先ほどまで机で寝てたと思っていた社長がムックリ起き上がって

社長「却下」

A「え?どうしてですか?」

社長「差別語。戦争中に、中国人そのものを指してたとか」

A「本当ですか?」

社長「本当かどうかは、まぁどうなんだろうね。そこは問題じゃない」

私「避けれるトラブルはあらかじめ避ける。と」

社長「そういうことだ、つまり、ポコペンパークとかそういうのは」

A、私、同時に「ポコペン、だな」

ポコペン - Wikipedia

子供の遊び2 言葉の違い

某知人のmixiダイアリーで、天大中小が話題に。

話題になったmixiダイアリー:[mixi] はぁとふる売国奴さん | 上海のホステスから、基準値を大幅に上回るフェロモンが!
遊戯の詳細:天大中小(てんだいちゅうしょう)
↑の元サイト:みんな集まれ!復活!公園遊び!ルールブック

これは遊んだことがある。というか毎休み時間やってたような。昼休みでない、10分程度の休みでも遊んでました。でも、天大中小、天大中小。こんな名前じゃなかったな。

小学生の頃は北九州に住んでいましたが「ドッチャン」と呼んでたような。件のmixiダイアリーでは、異名の話題でも盛り上がりましたが「天中」とか「大小」とか近いものが多く、こんな奇妙な名前で呼んでる人は居ませんでした。


某関西人の友人Bとの会話で。関東言葉は過剰に飾り、美化してて気持ちが悪いとかなんとか。それに比べて関西は下品(と嬉しそうに)なのだと。

おみおつけ、って味噌汁のことを何を気取っているんだとか漢字で書くと御御御漬けで異常すぎとか。豚マンは豚マンであって、肉まんなんてぼかす必要ないだろとか、まぁそんな話題。

関西人Bはその流れで「だるまさんがころんだ」を言及。

そういえば「だるまさんがころんだ」って遊び。「だるまさんが転んだ」というのは10数える時に、文字に当てて数えるということですよね。10文字。

B「関西ではそんな上品な言い方は、せえへん。下品も下品、”坊さんが屁をこいた”だし」

これにはサスガに私がツッコミ。

私「”坊さんが屁をこいた”が下品?でもTVで放送できるレベルなだけまだマシでしょ。私の地元(北九州)では”インド人のクロンボ”だったよ!」

35年くらい前の話になってしまいますが、でも10数える時は「坊さんが屁をこいた」で数えてました。そして「達磨さんが転んだ」の遊びは「インド人の黒んぼ」だったなあ。いろいろ問題がありそうだけども、今でも北九州ではこういってるんでしょうかね。


三十数年前、プロサッカーなど無く、野球が人気のスポーツで子供たちは皆遊んでました。

もちろん本格的な野球などなかなか出来ません。人数が18人揃うこともグラウンドも用具もすぐには用意できません。で、限定ルールの登場。塁が少なく、走者は出塁すると「透明ランナー」になり、走者に玉を当てるとアウト。いわゆる三角ベースですね。

三角ベース - Wikipedia

さらに、投手が居なくてバッターが手で玉を打つ。バレーかテニスの下手サーブみたいにグーで打つ。玉は軟式テニスの球を使います。ハンドベースということもあるようですが、三角ベースでハンドベースでした。これを九州では

「朝鮮野球」

と呼び、略して「朝鮮やろうぜ!」とか言ってました。これも今なら何かと問題ありそうだけども、今でもそう呼んでるんでしょうか。呼んでないだろうな。