MetLog

翻訳:レシピ「こねないパン」

誤訳指摘歓迎です。メール(metroアットマークmegalo.jp)かツイッターでも。前後のエントリも読んで貰えれば幸いです。

NY Times 翻訳元記事(2006/11/8) No-Knead Bread

No-Knead Bread(こねないパン)


記事:MARK BITTMAN(マーク ビットマン)
これまでのNYタイムズでも人気のレシピをサリバンストリートベーカリーのオーナーであるジム・レイヒ氏の好意により掲載します。
こねない、特別な道具や技術を使わない、手間がほとんどかからない…必要なのは時間だけです。出来上がるまで24時間を必要としますが、ほとんどはゆっくりとした発酵待ちです。

材料

強力粉か中力粉を米国式計量カップで3カップ(= 720cc / 396g) 打ち粉は計量外 ドライイースト 小さじ1/4 塩 小さじ1と1/4 コーンミールかふすまを適量

手順

1.大きなボウルに小麦粉、イースト、塩を入れ混ぜます。(米国式計量カップで)1と5/8カップの水(=390cc)を加え、よく混ぜます。生地はべとべとになります。ボウルにラップします。だいたい華氏70度(摂氏21度)くらいの場所に少なくとも12時間、できれば18時間置きます。

2.生地の表面に泡が点在していたら順調です。まな板に小麦粉を撒き生地を置いたら上からも少し振りかけます。二、三度折りたたみ、ラップでゆるく覆って15分休ませます。

3.生地がまな板や手につかないよう十分小麦粉を撒き、すばやく丁寧に丸く形を整えます。小麦粉かふすま(小麦ブラン)またはコーンミールをまぶし、タオル地でない木綿の布でくるみます。折りたたんだ継ぎ目側を下にして、下側は粉を多くまぶします。そのまま2時間追加発酵させると、生地の大きさは倍になり指で突いてもすぐに戻りません。

4.生地が発酵し終わる30分前には、オーブンを華氏460度(237.8℃)にしておき、6~8クォート(5.6リットル~7.5リットル)
(訳注1)の重くて蓋のある鍋(鋳鉄、ホーロー、耐熱ガラスまたは陶器)をオーブンに入れて同じ温度に温めます。生地の準備ができたら注意して鍋を取り出します。ふきんの下に手を入れて裏返し、畳んだ継ぎ目のある面を上にして鍋に入れます。とっ散らかって見えてもOK。偏ってたら鍋を1,2度揺すっておけば偏らずに焼けます。蓋をして30分焼き、蓋を取って表面が美しい茶色に焼けるまでさらに15分~30分焼きます。網棚に取り出して冷まします。

訳者注

このサイズのル・クルーゼは日本で未発売。海外ではあるようです。ストウブもこれほど大型のものは無いと思います。十分に大きいと、側面に接することなくドーム型に焼けるのかもしれませんが、私の経験から、これほど大型でなくとも十分に焼けますよ。