MetLog

カルボナーラ原理主義

カルボナーラはベーコンを炒めたり牛乳だとか生クリームを入れるものではない。

日本ではイタリアンのお店でもちゃんとしたカルボナーラを出す店は少ない。ねっとりクリーミーなものをよく見るよね。もちろん、それで美味しければそれでいい、むしろ和風のほうが口にあう、という考え方もあるだろうけど、それはカルボナーラではない。アレンジであり、カルボナーラインスパイアだ。似て非なるものだ。
仮に美味しかったとしても豚骨スープに太麺入れたらそれは博多ラーメンではないし、タコ焼き屋がイカゲソ入れて売ってたら文句を言われるだろう。下手をすれば詐欺呼ばわりだ。

…てなことがどこかに書いてあった。こういうところだったか?

本場は生クリーム不使用?こんなに違うイタリアと日本の『カルボナーラ』

パンチェッタ

ベーコンは燻製なので味も香りも付いている。それが却って邪魔、ということであっさり塩漬けのパンチェッタを用意したい。これがなかなか無い。 探しても無いと思っていたら意外にもイオンにあった。安定して手に入る。でもちょっと高い。

DSC01714.JPG

ペコリーノ

チーズはペコリーノ。臭くて塩気が多い。これもなかなか無いね。イオンにも無い。大型店でもなかなか無い。北野エースにあったけど割高で小さい。

大型で安いペコを見つけたのはコストコ。かなり安いけど少し大きいので上手く保存したいところ。一回買えばしばらく大丈夫かな。

DSC01716.JPG

卵黄

二人分を作るので、今回は2個。
DSC01718.JPG
よく混ぜる。と。
DSC01719.JPG

茹でる

パスタを茹でるときは、塩を加えずに。 というのも、パンチェッタもペコも塩分多めなので塩ゆでにすると塩辛くなりすぎる恐れあり。 塩茹でにするのは味付け以上の意味は無いので、塩無しで。

粗挽き胡椒

粗挽き胡椒も必須。名前の由来である「炭焼職人風」というのは粗挽き胡椒を炭の粉になぞらえてのもの。細かい胡椒はNG。

DSC01717.JPG

ちなみにペッパーミルはイケアで購入のもの。安くて使いやすい。ボディがスパイス瓶と共用なので、幾つか瓶も買っておくと、ミルだけ付け換えて使えて便利。

合わせる

材料さえ用意してしまえばあとは楽だ。合わせるだけ。ねっとりしすぎなら、少し茹で汁を加えて調整。 出来た。

DSC01515.JPG

んまい。毎週末作ってる。