MetLog

ネット10年:ジオシティーズとディレクトリ

2000年前夜。「インターネット」を見て徹夜し、やがて恐る恐るそこで見る以上のことに手を出し始めたぼくらは、ジオシティーズにホームページを作った。

ジオシティーズ(日本)のアーカイブ

ジオシティーズという「世界」の中には「ウォール街」「ハリウッド」「シリコンバレー」といった地域(=コミュニティ)があり、その中に進めば「メインストリート」があり、ほかに「けやき通り」だとか「○○通り」があり、通りを進めば番地(「6500」とか「7200」とか)があり、その先に、我々の「ホーム」ページがあった。

URLもそういったディレクトリ構造にそったものであり、たとえばこんな具合。

geocities.co.jp/SiliconValley/SiliconValley-SanJose/1234 (1234は仮に)

トップページにはカウンタがあり、そこから「日記」「掲示板」「リンク」と階層化されるのが定番だったし、当然「ようこそ〇〇の家へ!」「誰誰の部屋」というホームページは多かった。

後年「ホームページのホームは家って意味じゃないから(笑」という指摘はそういうわけで当たってない。実際は、そういう作りに沿えばそうなるというだけの話であり、あとでそこを無視して笑うのは賢しげに見えて背景を無視した物言いでしかない。

ディレクトリ構造は特にホームページに限ったことでもなかった。基本はなんでもディレクトリ型階層構造であり、ブラウザを開けばまずポータルサイトへ行き、階層をたどって下層へ向かい目的を探すというものだった。

だから当然、サイト作りの目標や、ひとつのステイタスとなったのが「Yahooのディレクトリに登録される」ということだった。

そして10年。ディレクトリ構造構成、っていうのは古いスタイルになり、Googleやいくつかの先進的な機構では検索やタグを活用したり、Evernoteやほかののシステムではフォルダ+タグで縦横に閲覧できるようになるのが主流になってきたようにも見える。

ディレクトリ型は、かといって消え去りもしないだろう。実際、そういった観念をぬぐい去れず、検索やタグについて理解されない現場というのもまだまだいくつも見ているわけで。