MetLog

Niki+ GPSがスゴイ!

iPhoneアプリのNike+ GPSがすごかったのでレポート。これまではiPod で行ってたんですが、乗り換えました。

iPodのメリット、デメリット

iPhoneよりiPodのほうが軽くてコンパクト。というのをメリットに感じてましたが、ちょっとした問題があったのでiPhoneを使うことにしました。

問題、というのはヘッドホンのジャック差込口です。

IMG_8037.JPG

iPod+nikeを利用する場合は、4つの準備が必要になります。(いくつかは代案可能ですが)

1. nike+専用シューズを購入(センサーを入れる穴があらかじめあるもの)

2. 靴に入れるセンサー(受信機とセット)

3. iPod nano (または touch / iphone)本体

4. 受信機 = 写真の白いもの(touch / iPhoneの場合は不要)

小さく便利なnanoですが、この受信機が案外クセモノで、取り付けると、社外品ヘッドホンのジャックは挿さらなくなる場合が多々あるのです。無理に差し込むとかなり酷いことになる可能性があります。再起動してもまともに動作しないとか工場出荷時に戻すにも一苦労とか。センサーをつけて、大きいジャックを無理に差し込むのは本当にやめておいたほうが良いです。無理なくジャックが刺さるヘッドホンを使いましょう。

で、ある日、いつものランニング用ヘッドホンを会社に忘れてしまい、挿さらずに使えず、iPhoneを利用。これが、案外よかった。

実際に走ると、思うほどiPodより重いとか大きいとかそんな風には感じないものでした。

本題。Nike+ GPSのココがすごい

Nike+ GPS(iTunes Storeにジャンプします)

で、Nike+をiPhoneで使ってみても違和感なく、順当に使いやすくなっており、良いのですが、有料アプリでNike+ GPSというのを見つけたので使ってみるとこれがスゴイ。これまでのNike+とくらべても格段に良いのですよ。

まずセンサーが要らない。受信機も要らない。専用シューズも要らない。これだけあればいいという簡便さ。これは大きいでしょう。Nikeが嫌い、ってことでなくてもAdidas派もアシックス派もすぐに始められます。

性能も格段に向上。距離やペース、カロリーのログを取るのはこれまで通りながら、マップコースも正確に保存。iPhoneで見ると、コースに合わせて早いペースで走れた区域はグリーンに、遅いペースなら赤くグラデーションで表現してくれます。

run_color.jpg

さらにPCで見ると高低差マップも表示されるので驚きです。標高の最高や最低、コースの起伏まで出すのです。

これはランニングの友の決定版ですね。

計測のクセ

GPS計測は、センサーによる計測と違ってどうしても実測値よりカラ目になってしまいます。

センサー計測の場合、歩数に基づくので蛇行すれば蛇行した距離を計測してくれるわけですが、ここは評価の分かれるところです。

IMG_0145.JPG

調整機能がついているのである程度のクセや歩幅差は収束はしますが、疲れてくると歩幅が狭くなってきたりして距離が長くなるとどうしても誤差はでてしまいます。

GPSの場合は常に計測しているわけではない(おそらく10秒おきとかでしょうか)ので、コースが蛇行している場合、そこをジャンプして計測していまいます。カーブが多いコースを走ったあとでマップを見ると、実際の走行コースより短くなってしまってます。

IMG_0146.JPG

センサー計測値>実際の距離>GPS計測値 という傾向はありますが、距離が長ければ(10km以上くらい?)GPSのほうが正確になります。

10kmをセンサーで測ると200メートル程度の誤差は珍しくなく、20メートル以内に収まることは稀な感じですが、GPSならほぼピタリなんてことも結構あります。

*もっとも怪我して、使い始めて早々に走れなくなってしまったのは残念極まりないです…