MetLog

高崎山の猿も昔のままの猿ではない

高崎山と言えば猿、猿といえば高崎山。九州在住なら一度は行ったことのある観光名所だと思います。

ですが、猿が襲うというのも多く信じられています。が、今もそうなんでしょうか。

昔はよくそんな話を聞かされたものです。ポケットの物を猿が取るとかバッグに手を入れると何かあると思って襲ってくるとか。だからポケットやバッグに手を入れてはいけないとか。そして確かにそんなことはあったようです。

昔はこっそり勝手に餌をやる人が多く、同日たまたま同じ色の服の別人が、あとで被害にあったりしたものだそうです。それも今は昔で、不届きな観光客も居なくなり、猿もそういう悪戯はせず、観光客に手出しをしたりせず人間には無関心、とのこと。実際行くとそんな感じでした。

今年は久しぶりに行って、妙な古い誤解から解放された夏でした。

IMG_7329.JPG