MetLog

トラベラーズノート

今、文具界(?)で、複数のノートを組み合わせる、というのが流行ってる。インコマのような。

ナカバヤシ|[使い方自分流 インコマ ノートシリーズ、新発売]

そういう流れもあって、トラベラーズノートというのも文具に力を入れた店ではわりとプッシュされてます。基本、一冊なんですが2冊以上を混ぜる展示も多くてですね。二冊以上の組み合わせというのが推奨傾向ですかね。

トラベラーズノート

で、セール品で非常に安くリフィルやパーツが手に入ったので、本体も購入。写真は、左からほぼ日手帳、ロルバーン、トラベラーズノートのパスポートサイズ。

ほぼ日手帳はそのままハガキを収納できるサイズでロルバーンは内部のポケットにサービス版の写真がピッタリ収まる。さらに一回り小さいパスポートサイズには何がピッタリ入るんだろう?使い勝手に疑問が。使っていればナルホド!っていう納得感があるんだろうか。

ほぼ日は網羅的で文句のつけようが無いほど何にでも使えつつ、コンパクトに纏まってる。けど、逆に少し重いんだよね。旅行でポケットに持ち歩いて山小屋でスタンプ印を押すくらいの雰囲気でもない。そういう軽いノートはロルバーンがピッタリだったわけだけど、代替に成りうるかな。

IMG_6640.JPG

で、リフィルにポケットを付けてペンホルダークリップもつけたんだけども、留めゴムの結び目が裏面に出てしまい、書くとき邪魔になりそう。カバーもコシがなくフニャフニャだったりで使いにくそう。

IMG_6687.JPG

欠点ばかり言ってみましたが、ではそんなにイヤかというとそうではなく、以前からサンプル品を手に取ってみては欲しいなと思ってました。なんといっても圧倒的に、カッコいい。風合い、無造作風な、質素に見える風な、革と金具の使い方。画竜点睛最後の一点を空けておき、そこはあなたが埋めてください、ちょっとカスタマイズして自分のものにしてください、的な。わざと作った隙であってもやっぱりハマってしまいます。

紙に記入してみると、上質な紙を使っているようで極細の水性ボールペンでも引っ掛かりなく綺麗にかけます。逆に言うと紙に風合いがなく、色も白すぎて味が無いというか外見に合わないというか。

わざとらしい古っぽさと今風の質の良さという意味ではモレスキンに通じるような気もしつつそれに敢えて乗ってみようかなという感じで。使用開始。