MetLog

多色ペン界隈。改造とか性能とか

愛用の多色ボールペン、coleto。パイロットのリフィール式カスタマイズボールペンです。これが実に良く出来てまして。

IMG_4938.JPG

ノックする側のキャップを外し、リフィールを差し込んで好きな色の組み合わせの多色ペンを作れるんです。ボールペンの細さ、インクの色、ペン軸も2色~4色用まであり、ほかにシャープペンシルのリフィルやタッチペンのリフィルもあります。

IMG_4940.JPG

で、対抗商品として三菱鉛筆からもリフィール式のボールペンが出てます。これ。大きい方です。スタイルフィット。

IMG_4946.JPG

スタイルフィットの魅力は、なんといってもリフィルに「ジェットストリーム」があること。なめらかな書き味で有名な、油性インクボールペン。水性ペンではちょっと、というシーンも多いですからね。これは魅力。

そしてこの軸、5色の軸はコレトのラインナップにはありません。ちょっと太く大きいですが、ほぼ日手帳にはうまく刺さります。

グリップにはラバーもなくシンプルで、男の人には人気がない感じです。って私も男ですが、あんまりグリップのゴムは好きじゃないんですよね。それがないおかげで、手帳のペンホルダーにもするりと収まる。

しかし多色ペンとして、押し出すペンの色をどうやって判断するかというと、ノック部の色じゃないんですよね。ノック部は全て同じ色。ペン先が透明になってて、そこから見える軸の色で判断する。これがわかりにくい。

書き味の差は、良くわかりません。どちらも良い感じ。ただ先端の形状は違います。

ロットリングのように針状になっているのがコレト、一般的なボールペンのように山型になっているのがスタイルフィット。

IMG_4949.JPG

どちらかというとシャープな印象のコレトのほうが人気があるようですが、自分はスタイルフィットのほうが安心感があります。落とした時とかコレトは先端が曲がりそうな気がしてドキッとする。…といってもこのへんは印象、主観の問題です。実際は強度に違いがあるのかないのかは分かりません。

で、ちょっと調べてみると驚くべきことを知りました。

パイロットの有名な多色ペンDr.Grip4+1に、三菱のスタイルフィットのリフィルが普通に付け替えられるそうな!

参考:Dr.Grip4+1 をジェットストリーム化 - GONE WITH THE MEDICINE

早速、手持ちで使ってないDr.Grip4+1をゲルインク細字化+ジェットストリーム化。

ついでにいつかノベルティグッズとしてもらったゼブラのClip-On multiも、中身をコレト化。これはオリジナル軸に揃えてコレトの軸を3mmほどカッターで切らないといけません。

参考:さんてんり~だ HI-TEC-C Coleto & Clip-on multi (改造)

IMG_4948.JPG

丈夫なシャーペンと、逆側に消しゴムが付くのはありがたく、こういうペンも良いものです。ただ太くグリップにゴムもついているので手帳には刺さらないことと、あと好きな色のセットにするわけにもいかないという問題が。ノック部の色に合ったリフィルを入れるか、全く気にせず違う色を差して使うか、ということになります。

なんだかんだでやっぱりメインは変わらずコレトのセットかな?という気もしつつ。

あとこんな改造も。

LAMY2000のリフィルにコレト。夢のお金持ちさんコース。

[tr]LAMY 2000 リフィル交換

コンパクト化。REPORTEC-4C をコレト化。

(おれの)究極の4色ボールペン 「REPORTEC-4C」 | spilt-milk

無印の軸に中身をコレト化。

無印良品の5色ボールペンを改造してみました。 | Free Style Weblog