MetLog

とのすさんとむろやんが遊びに来ました

とのすさん(日記的散文と落書的CG「とのすのす。」)とむろやん(muroyanの日記)が遊びに来ました。趣旨としては、タスク管理ソフトの検証

IMG_4659.JPG

ではなくて、お食事会。それぞれの旅行土産を開帳。TODOはトゥドゥではなくトド。トド肉缶詰。

IMG_4642.JPG

私が出したのはトド肉缶、エゾ鹿缶、ヒグマの缶詰。夏の知床旅行のお土産。

IMG_4672.JPG

鹿肉は牛肉のようでかなり食べやすい味。熊肉は実は高価なのかな、肉少なく筍多く、肉はやや硬め。トド肉は、安い鯨の甘露煮のような臭みが少しあってちょっとクセのある風味。写真は鹿肉かな。どれも大和煮で見た目は似た感じ。

とのすさん提供は北欧土産。アクアビットというジャガイモ蒸留酒。スウェーデンのスコーネ産。40度という度数の高いお酒で、滅法弱い私にはちとキツイものの、高いアルコール分を感じさせる香りの中にさわやかな香りがあってなかなかの美酒。

IMG_4641.JPG

それに、恐らくニシンの?酢漬けとマスタード漬けの缶詰。

IMG_4638.JPG

酢漬けはオレンジピールなどが一緒に漬け込んである。

IMG_4668.JPG

マスタード漬けは、んー、なんといいましょう。これはちょっとどうなんだ?という見た目。とんでもない味に違いなく、まぁネタとして面白ければ。

IMG_4671.JPG

と思って口に運ぶと、これが予想を裏切る美味。酢漬けも良いけれどマスタードも辛すぎず美味。食べ物は見た目で判断して初物を嫌う娘たちが興味を示してパクつくありさま。

ただ日本人としては、確かに美味しいもののマスタードが勝った味付けが不満かも。魚らしい美味しさが生きる酢漬けのほうが美味しかった、かな?(それを言うなら北海道肉の珍味も味付けの強いものだったけどもね)

むろやん提供は北京土産の菓子。日本の菓子の模倣商品。一つは「おっとっと」のコピーで一つは「きのこの山」のコピー。

IMG_4644.JPG

おっとっとはなかなか良い線いってました。さくさく感、薄く焼いた感じ。味はのり塩風味。

で、「きのこ」のほうは、どれもこれも写真のように歪んでる。というか傾いている。なんでだろう?

IMG_4677.JPG

思うに製造工程の問題ではないかと。傘の部分は鋳型にチョコを流し込んでいる。チョコが固まらないうちに柄の部分=クッキーをチョコに挿すのだろう。で、チョコが固まる前にクッキーがだらしなく傾いて固まった姿なのではないか。

この工程は絵的に、職工のオバチャンオネーチャンが猛スピードで次々に挿していってる、というところが思い浮かびます。当たってるかどうかは知りませんが。

一方日本の工場では機械で保持したまま急速に冷却し硬化させ、垂直に柄が伸びてる、ということに違いないでしょう。推測ですけど。チョコに垂直にクッキーを挿すことはそんなに難しい技術でもないような気もします。が、自動化と手工業での違いは出そうだな、と思います。

あともう一点、これ。ビーフジャーキーでしょうかね。たぶんビーフジャーキー。牛の絵に辛いという文字もあり、湿気に強そうなパッケージといい大きさといい、まず間違いなく。と私は思ったのですが

IMG_4643.JPG

意に反して中身はフレーク状の肉。あれ?

IMG_4675.JPG

食べるとかなり変わった風味。まず甘い。しかも甘草(リコリス)のような薬っぽい香り。で、次にかなりの強度の辛さがビリッとくるという。意表を突かれる味。

今回ゲテモノ系?の妙な食べ物を集めた割にどれも美味だったことを思えば、ここにきてやっと土産物らしいネタっぷり。不味くて安心(笑

ご飯は土鍋ご飯。簡単で美味しいよ。レシピも簡単に書いておきます。

IMG_4670.JPG

1. nカップの米を研ぐ。同じくnカップの水に浸す。30分前後で米が白くなったら炊き頃。

2. 強火で沸騰させたら弱火にし7分程度?加熱。タイマー利用すると良い。

3. 20分ほど放置する。もちろんフタは開けない。

これだけ。 流派によっては寝かすのが25分だったり15分だったり。その辺は適当に。

というわけで食事をしたりゲームをしたり。むろやんがピアノを弾いてくれたりとのすさんがウチのワガママシスターズの猛攻に耐えて遊んでくれたり。

遊んだボード(カード)ゲームは TAKE IT EASY / SET! / ワードバスケット / クク といったところ。全てに長女が参加、一部次女も参加。ただSET!を真面目にやると長女が強すぎて他のメンバーに面白みが伝わらないのでルールを変更。分かった人が手を挙げていき、最後の一人が分かったらそれを取る、というスタイル。得点は気にしない。ターン終了時、自分が見つけたものと他の人が見つけたものが違っていたりしてこれはこれで深く楽しめる遊び方。

楽しい時間ありがとうね。また来てください。というか行きますよ。何年か前に鴻巣のむろやん宅にお邪魔したことがあり、今回は私のウチ。次回はとのすさんのお宅ということになりましょうかね。

とのすさんはサイトの公開もそこにまつわる交友関係も奥さんには言ってないとのこと。いよいよ次回妻バレの時か?それとも隠し通せるのか?というところも今から楽しみです。


甘いものカロリー高めのものも取ったので久しぶりに10km走るぜ!と思ってましたが病み上がりということもあり体調万全でもないので妻に止められました。ここは言うことを聞いておきます。明日明るいうちに走るゼ!

追記:
とのすさん2009年11月の日記11/21-22日

とのすさんのサイトのコメント欄にて北のものを食べる会という説明が。「北」海道「北」欧「北」京、というわけで。なるほど上手い!言いだしっぺの私も気がつかなかった。

珍味オフ会 2009 (metroさん、とのすさん) - muroyanの日記

コメント (4)

こちらこそ楽しい時間をありがとうございました。
うちは「とのす」と呼ばない条件付ですが、よろしければ是非。
まあ、ぼくとしてはmetroさんよりも、年賀状に「とのすさん」と
書いてくるむろやんの方が心配ですが……

metro:

(年賀状に縦読みでとのすさんになってたことは黙っておこう)

そうですねぇ。とのすさんと呼びそうになったら

「との、との、殿!様!ここは平にご容赦を!」

とか言って誤魔化すので大丈夫です。期待

むろやん:

 ども、お疲れさまでした。お忙しいところ、いろいろと
珍味をありがとうございました。
 とのすさん宛の年賀状、今年は気をつけます・・・。

metro:

>むろやん

そうそう、年賀状には気をつけましょう。
#火にあぶると「とのす」って字がでるとかどうかな

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)