MetLog

Peugeot Vogueのカラー/妻バレ

モペットVogueには6色のカラーバリエーションがありまして、そのうち2台は特殊用途向けです。

一つは、ラポステ(La Poste)で色はポストイエローと呼ばれ、その名の示すとおりフランスで郵便用に活躍した車両です。無骨なフロントキャリアが良いです。

こういうのに乗るのも傾いた感じで良いのですが、なかなか流通してないようです。

image245.gif
写真:Bike ONEより

で、↓こういうのがその他一般の車両で

image255.gif
写真:Bike ONEより

今回私が入手したのがこの「ポリスホワイト」です。ポピュラーな色で珍しい種類ではないのですが、本国ではその名の通り警察車両として使われており、この車両を逆にフランス国内に持ちこむことは出来ないとか。

横のラベルのところが通常であれば丸いフランス国旗にVogueの文字をあしらったステッカーの代わりに、青に白抜きでPEUGEOTの文字が入ってます。そこには本来POLICE(のフランス語)の文字が入っているそうです。
情報元:プジョー ヴォーグ - ものつくりにん(ma-mac)の生活

IMG_4609.JPG


二代目のバイクということで妻から購入許可は下りないだろうし、怒られるだろうなぁと気後れして妻には何も言わずじまい。戸建の一軒家なので、いずればれるというとばれるんですがなんとも言いにくい。というわけで車庫の奥に隠しておきました。当分はしのげるかと。

ふと、ブログ用に撮影しようと、先日娘らが遊びに出払った隙に開けて出してました。そのとき二人が戻ってきてまずは娘バレ。ママには内緒ね、というも即答で「無理」…そうだよね(w

結局翌朝には妻バレ。仕方ないといえば仕方ない。

フランスで乗れば警察に怒られるバイク。日本で乗れば妻に怒られる。


ナンバーを取って実際に走ると、言うほど非力でもなく坂も登ります。近辺の、やや傾斜のキツイところでも足こぎ補助が必要になったりしませんでした。まずまず十分。自転車よりずっとラクです。

ただエンジンの掛かりは、vespaと比べても今ひとつかなぁ。それでもペダル始動は楽しいね。走っても妙な脱力的な軽さがいい。音は軽く振動は大きく。ポンコツな感じのガタピシ感がジブリに出てくる乗り物みたいで愉快です。

それと、駐輪場などでエンジンを止めて足で押してバックして、ハンドル切って、みたいな取り回しをするときはペダルがかなり邪魔。こればっかりは自転車以下、何度か足にぶつけました。慣れてくればまた違ってくるかな。