MetLog

障子の張替えのコツ

障子の張替えはなんだかんだで半日仕事になってしまいました。

結構難しい?とか思って腰が引けてる人も多いかもしれませんが、なに、簡単ですよ。しくじればまた張り替えればいいんですよ(笑 うちのように小さい子供がいれば、いずれまた穴を開けるので、次回もあることですしね。

準備するもの

・障子紙: ホムセンにあるようなものでOK。サイズがいくつかありますが、ウチの場合は広いほうだと2段貼れ、狭いものだと2段に足りずで、広いほうが使いやすいサイズでした。

あらかじめ自分の家の障子の幅を調べてから買いに行くと良いでしょうね。

・糊: 障子用のガイドつき糊が便利。ホムセンで安いのでいいでしょう。安くても綺麗に塗れてびっくりしました。中蓋を外して使うのですが、使い切らない場合は中蓋は捨てないように。

・カッター: 専用のものもありますが普通のカッターでOK。デザイン用カッター(薄刃)があればなおよし。使用法注意。それは次項で。

・定規: できれば60cm以上の長いものがあればベスト。金属製なら尚良いです。なければ、カッターを当てて使える長いものがあれば代用できます。

・糊はがし: 要らないかも。気分的に欲しければ買ってもいいかも。

・刷毛、洗面器、水: はがす時に必要。雑巾もあると良いかも。


カッターを使うときの注意


カッターナイフを使い慣れない人は、刃を折らずに切れないまま長く使ってるのを良く見かけます。これはマメにポキポキ折る感じにして、ケチらないほうが良いです。ちょっと引っかかる、切れの悪い感じになったらすぐに折る。

あとは、濡れた障子紙を切るわけですから優しく慎重に。よく寝かせて切るようにしましょう。


はじめに、古い障子を剥ぐ


桟を刷毛でよくぬらしていきます。普通に糊を使っていれば、糊ハガシ剤は要らないかも。あらかた剥き剥がしたら雑巾で丁寧に拭き取る、と。

部分的に張り替える場合は、境界をカッターで切っておきます。

そうそう、障子の張替えが一箇所以上の場合、より目につかないヤツから張り替えるのが良いでしょう。これ、最重要ポイントかも。張り替えるうちにだんだん上手くなるから、最初のヤツは最後よりも仕上がりがイマイチって可能性が高いですからね。外から良く見える面は、最後に張り替えると良いです。


下から張り替える


下から張り替えます。立てかけて作業をするなら、逆さにして上から張っていく。張りあがるとこんな形に繋ぐ形になります。

shoji_paper.jpg

こう貼るほうがホコリが積もらないとか後で掃除しやすいとか、剥がれ難いとか見た目に綺麗とか。

あと、紙を湿らせるとか霧を吹くとかそういうのはプロの話。素人が妙にそんなことをすると後で却って皺になります(体験済)

素直に普通に貼っていったほうが綺麗に張りあがります。

コメント (3)

shi-ta:

今年は障子の張替えをしようと思っています。
昨年サボったら、いつ破っているのか知りませんが、いつの間にやらあばら家のような状態に・・・orz
 +++
ウチは幅が90cm以上(=障子枠の幅より広い)の障子紙を使ってます。これだと桟にノリを塗って縦方向にぺらーと1枚貼っておしまい。
紙の継ぎ目の重なりも考えず、ノリを付ける桟を1本~2本飛ばしに間引いても大丈夫で、かなり手抜きが出来ます。

さて、霧を吹く、の話ですが、完全にのりが乾いてから全体に霧吹きを掛けるといいと思います。
そうすると、目立つしわを作ってもかなりの確率で修正されます。
障子紙が桟に完全についてから、&、全体に満遍なく、です。
障子紙が完全に付かないうちに霧を吹くと、のりは弱まるわ、紙は縮むわで、はがれてきます・・・体験済み(笑)

以上、ご参考まで。

metro:

なるほど、大きく張り替えると楽、というのはそうですね。それはそれで大変な面もありそうですが…

霧吹きは、確かに修正されるかもしれませんが、特にその必要がないことも多く、余計なことをしなくても良い場合も多いです。自然に伸縮して修正される。紙ってそんな良さがあったりします。
特に慣れてない人にはあまり勧めないですねぇ。だって綺麗に貼れてるのにわざわざ皺にすることもないですし、余計な仕事も減らせますし。

もちろん慣れてそれが出来る人は、やればいいことだと思います。

shi-ta:

>特にその必要がないことも多く、

確かにそれはあるかもしれませんね。(_O_)
わざわざ霧を吹かなくても、湿気の多い日があると、知らない間に緩みが取れていたりすることも。
あ。そうか。そうです。皺を取るというより、緩みを取る感じです、ワタシ! <霧吹き
「皺になっても後で霧を吹けばいいや」とか考えませんものね。これは気が付きませんでした。(_O_)感謝

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)