MetLog

長女に水泳を教える?

7月某日

長女(小二)の担任の先生から、夏休み前に課題を頂きました。

「プール半分、泳げるようになってほしい」

プール半分というと、12.5mですか。その後授業参観後に先生と直接話せたので聞いてみました。

「皆さん、だいたい泳げるんでしょうか?」

先生「半分は泳げないと、三年生になってから大変ですよ」

私「クロールですか?」

先生「息継ぎが出来るようになれば」

この段階で、先生の言わんとしていることが分かってない私でした。

とりあえず目標グラフを作りました。棒グラフで、目標を15mくらいにして。あとは、帰省の週を除く毎週末は娘とプールに行くことにしました。


一週目:温水プール


前日に、ネットで「泳ぎ方」(覚え方)を検索してみました。クロールの覚え方が動画であり、イメージだけは掴めた気でいたのですが、さて上手くいくものかどうか。

娘は実際、ビート板を使えば20mくらいは泳げるんですが、無しだと7mを越えたあたりで足をつきます。うーん。

手はゆっくりでいいから手のひらで水を掻くように、足は伸ばして。バタ足は前に進まなくていいから。息継ぎは後ろをみるようにして。頭を上げずに横に回すようにして。

動画を思い出してあれこれ言ってみるものの、どうも上手くいきません。

ネットでたいていのことは上手くできるものだと思ってましたが、こういうことはどうにもなりません。自分があまり上手くないということもあるでしょう。自分で自信が持てないことをどうして上手く教えることができるでしょうか。とはいえ、自分に出来ないことでも上手く伝えていかなければならないことなど、今後増えていくでしょうから、テキトウに済ますこともできません。


二週目:市民プール


温水プールは人も多く落ち着いて泳げず、また専用レーンは中級以上で娘を連れて行きにくく、さらに、25mプールの最深部は深く、長女は嫌がります。どうも上手い人用か、でなければアソビの人用で初心者用が抜けてる感じです。人も多いという感じで。公営なので安いのですが、どうもあまり目的と合わない感じです。

別のプールを探してみたところ、屋外の、目立たない市民プールがあったのでそこに行くことにしました。25mと50m。25mは小二の娘でも深すぎず、専用レーンは「一方通行」というシバリがあるだけで初心者でも泳げます。人も多すぎない感じ。

さて、泳ぎのほうです。手の動きやバタ足、浮き方、息継ぎ、どれも良くはないです。自然に浮くのはOKだけど手はバラバラ足は曲がってぐちゃぐちゃ、息継ぎをすれば水を飲む。記録は伸びません。10mくらいですかね。5m以上泳いで一回息継ぎ。二回目の息継ぎと同時に足をつく。

だんだん核心に気がついてきました。息継ぎだ。息継ぎが出来ない、そこが致命的です。息継ぎできなければプール半分は無理だよ。三回息継ぎをする、を目標にしようよ。

そうはいっても何の発展も無く、この日も終わりました。


三週目:雷雨


市民プールに出かけて泳ぎます。アソビの合間に練習という感じですが。

どうにも変化がありません。5m泳ぐ。息継ぎ。10m。二回目の息継ぎ、立つ。いや息継ぎの意味ないんだけど。三回息継ぎ、やってごらんよ。とはいえ、どうにもなんともなりません。

私は子供の頃どうだったろう?そんなに上手じゃなかったな。今は?大人だし出来るけれども上手ではないし、苦労を克服した過程というのが記憶に無い上に専門的な知識もないのでどうにも何も伝えられません。

雨が降ったり晴れたりの奇妙な天気でしたが、突如雷鳴が鳴り監視員が全員建物に退避するよう指示します。ちょうど二時間経とうとしていたこともあったので、帰りました。

その後空は沈んで晴れることなく大雨になりました。


4週目:息継ぎ


さて困りました。

息継ぎは顔を上げずに回すようにして横に回して後ろを向いて。口で吸って鼻でゆっくり吐く感じで。教科書通りのことを言うしかないのでしょうか。

ところが娘は難なく15mクリア。ただしクロールではありません。クロール風に泳ぐ、で、平泳ぎ風の息継ぎ。それからバタフライ風の不思議な水かき、なんとなくクロール風の息継ぎ。なんだかごちゃ混ぜですがしっかり息継ぎは出来てます。

経験回数を積んで自分なりに見出したんでしょう。私が教えることはそれほど役に立ってもないのかもしれません。自然と学ぶものなんだな。なんとなく子供というものが、立派なもんだなと思いました。

この日、娘は、あと30cmで20m、というところまで泳ぎました。私としては、目標達成。でも娘は目前の25mを目標に燃えています。


さ~て来週の…


きっと25m泳ぎきってしまうんだろうと思います。

コメント (6)

shi-ta:

ウチの娘と同じようなところで詰まってますね・・・
この春夏はろくに泳がなかったのでまだ12~3mあたりまでで、距離的には追い越されてますが。

クロールの息継ぎは、前向きに顔を上げると絶対に体が沈むので「肩先を見るように」顔を回します。
視線の目標があるので若干わかりやすいかと。

また、息継ぎ一般の話として、鼻でゆっくり吐いた後で吸い込むのではなく、
顔を水面から出す(=クロールでは顔を横向ける)のと同時にブハッ!と勢いよく吐いてその反動で空気が自然と肺に入ってくると言ったほうが正しいのです。

しかしいくら私がカッパでも、同じように「娘が詰まっている」人間からのアドバイスでは頼りないですよね、スミマセン。

自転車と同じで、コツをつかんだ途端にスイスイ行ってしまうと思うんですが、なかなか・・・

metro:

クロール、じゃないですねー(笑

クロール風に前進、で、息継ぎは両手でガバッと水を下に押すようにして顔を上げて。で、またクロール風に前進。と、こんな感じです(笑

ひとまずは形はどうあれ25m、でいいのかなと思ってます。今の最高が22m。あとちょっとです。25m行けば自信と達成感で、もっと工夫したり綺麗に泳いだりって流れになるんじゃないかと期待してます(笑

metro:

(記事重複の件で、投稿者からの依頼によりコメント削除しました)

shi-ta:

>クロール、じゃないですねー(笑

クロールじゃない、で思い出すのは、足はドルフィンキック(バタフライのキック)で手は平泳ぎの、名づけて”ドルひら”泳ぎ。あの「暮らしの手帖」が、その昔、かなづちの人向けに推奨した泳法。

なんていうのもありますし、とにかく手を平らに回す(平泳ぎ)のは自然なんですよね。
クロールは、スピード第一かっこよさ第二の泳法(←言い過ぎ)なので、泳ぎにくいのはあたりまえで、個人的には平泳ぎ(ただしキックはアオリ足も可とする)と背泳ぎを初めにやりゃぁいいんじゃないかと思います。

その伝でいけば、娘さんの泳ぎは、スピードをクロールで稼ぎ、息継ぎは平泳ぎでやって、とても理にかなってますね(^^)

水に慣れたり、体が慣れてくると自分で勝手にワザを開発して動きが洗練されていくのはありますね。
そこでウチの娘たちは二人とも、潜水にばかり興味がいくようで・・・海女にでもなるんでしょうか?(笑)

metro:

> クロールは、スピード第一かっこよさ第二の泳法

(笑)その通りじゃないでしょうか。
改めて娘と一緒に練習してみて感じたのですが、クロールってゆっくり泳ぎにくいですよね。スピードが乗ってこそ息継ぎもしやすい、というような(あまり上手じゃないせいかも)

思えば自分も、そんな適当泳ぎ中心だったかなという気がしてます。

> 潜水にばかり興味がいく

ウチもですよ!(笑

今はダイビングという楽しみもありますし、それでも良いのかなと思います。

shi-ta:

そうなんですか!
子供はなべて潜水好きなんでしょうか(^O^)
ところが海は波がコワイとかで、人気が今ひとつなんですよ。昨年はなんとかエノシマで水に浸かったので、波はある程度克服したかと思ったんですが、今年は「振り出しに戻る」だったようです。
もっと「教育」しないといけませんか・・・(笑)

クロールはスピードが乗ってこないと、というご意見には大賛成です。
泳ぐとき、頭頂を舳先としてちょうど顔の真ん前で水面レベルが最低になるんですよね。
(船が波を切って勢いよく進むとき、舳先からの波は一旦下にうねってから水平に戻りますよね)
この波の上下をうまく使うと楽に息継ぎして泳げます。
ということは、最低そのくらいのスピードを出さないと天井を見る息継ぎになって、コレすなわち沈みやすいわけで・・・常に進んでないと沈んでしまうマグロだかサメだかを想像してしまいます・・・(^^;;;;;

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)