MetLog

メダカまた孵化

水曜に発見した卵は、四日後の日曜には孵化してました。

IMG_3076.JPG

その後も卵を発見し水槽を分けて、そちらもまもなく孵ることでしょう。

大きな水鉢に親10匹。ほどほどの鉢に子供一期生。そして娘の四角い水槽に、今回の子供たち。ウヨウヨいます。生物を飼うのは、こうしてどんどん増えるか、減って行くか、どちらかなんでしょう。うまいこと均衡を保って増えていくことなんてそうそうなさそうな気がします。

と、思っていたら本日一匹親が昇天なさいました。寿命だったのか産卵を終えたからなのか、その疲れなのか、は分かりませんが、死ぬ季節なのかもしれません。

人も…私の身近な人も、こうした暑い夏の日か、逆に寒い冬の日に去っていったように思います。父も、祖父も、先生も。体力がないとしのげないということは、ありそうです。生まれた日はバラバラでも死にゆく日は偏りがありそうです。

私もいつか、夏か冬に去ることでしょうか。できれば、そうであれば良かろうと思います。

コメント (2)

しの:

ども。
その昔、職場が一緒だったデカブツです。
メダカいいっすよね。というか淡水魚がイイ。
最近メダカが大量に盗まれたニュースやってましたねw
ウチの近所のコンビニでは、入り口で店長が飼ってるメダカを
売ってて笑えます。なにげに水草も売ってる。

メダカと関係ないけど雷魚ってもう見ませんよね。。。

metro:

どもども。ご無沙汰です。
メダカいいですよね。稚魚がまたカワイイのよ。
会う機会でもあれば譲りたいところですよ。

雷魚、子どもの頃貯水池とかに居たなぁ。そういえば最近は見ないかも。なんでだろうね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)