MetLog

vespaパンク、チューブ交換

ベスパ(50s)の後輪がパンクしてしまいました。スペアタイヤに交換すれば、取り急ぎ不自由はしません。

以前交換したことがあったので(MetLog:vespa リアタイヤ交換に迷う)わりと短時間で簡単に交換できました。vespaのリアタイヤ交換は横倒しするとかマフラー外すとかそういう苦労話も聞きますが、改造の無い50sの場合はジャッキアップさえすればそのままで訳なく外せます。

さて。パンクしたタイヤ。

IMG_2888.JPG

チューブレスではないので、自転車のようにチューブ補修で直せるらしいです。が、そうしない人も多いようです。補修の手間を考えればチューブ交換してしまえ、どうせ高いものでもないしそのほうが安心だし、みたいなパターン。私もそのセンで行きたいと思います。

ホイールは二枚重ね合わせているので、ボルトを外していれば簡単に外れる、と思いきやこれが、固い。

「錆で固着してなかなか抜けない」という話は聞いたことがありますが、そんなに錆びてないはずなのに、固い。ガッチリ嵌りこんでいるからでしょう。

写真は、自転車タイヤ外し用のレバー?を使ってようやく片方を外したところ。これ、あんまり役に立たない感じです。最終的には手で強引に剥ぐ感じで。

IMG_2902.JPG

さてまずは原因究明。大きな裂け目だとか何かが刺さったようにも見えません。そこで抜き取ったパンクしたチューブに空気を入れてみると…

IMG_2906.JPG

側面に穴が。何故側面?元々傷があってそこが疲労して、という感じのように見えました。

IMG_2908.JPG

ちなみにホイールの錆は皆無ではなくて、バルブ取り付け位置付近は錆びてました。とはいえ磨くまでもなく、問題ないでしょう。

IMG_2904.JPG

パンクしたタイヤの虫ゴムを抜いて全くの空にして投げても、綺麗に丸く復元します。一方新品のゴムはペッタリ。実はここにポイントが。

IMG_2903.JPG

空気の無いチューブを入れてホイールを閉じると、挟んでしまうことがあるそうです。新品の空チューブはタイヤからべろんとはみ出ますからね。ご覧のように、広いし。

そこで少し空気を入れると上手く嵌ります。ただ、あまり早く空気を入れると、バルブを通す穴に通しづらくなります。

IMG_2891.JPG

チューブ内側から出たバルブは九十度曲がっていて、横から空気を入れるようになってます。つまりホイール二箇所を通すことになります。チューブがパンパンで固いと、これが苦しい。ある程度抜けていると楽に通せます。

まぁほどほどに入れたり抜いたりするってことですかね。噛まないように気をつけてね、ってことで。

振り返ると、ホイールを割るのが一番面倒でした。単純に疲れました。慣れてないこともあるでしょう。チューブ交換は自分でなんとか出来ることも分かりましたが、簡単というほど簡単でもないなと思いました。

まぁ、ホイール割らなくてもチューブは交換出来そうでしたが。

チューブを入れ替えたタイヤは、走って様子を見たい+あまり負荷のかからないほうに回したい、ということで前輪へ。前輪はスペアへ、スペア(昔1000キロほどリアだった)はリアへ。そんなローテーション。

IMG_2914.JPG

あとは試走のみ。


今回、いくつかの本とサイトを参考に作業したのですが、その途中でこんなサイトを発見。ヒビがすごすぎてある意味見事。七宝焼きかある種の陶芸作品か、もしくは大理石のような見事なベスパ。これで走っているというのもまた凄い。

ベスパ 50s(ポンコツの方) - **原付自転車**(ダイハツ ソレックス、VeloSolex) - Yahoo!ブログ

ここで草ヒロというのを初めて知りましたが、自分にとっての「草むらのヒーロー」はスバル360かな。試運転がてら見てきました。

IMG_2909.JPG

ちょっと前はもう少し綺麗だったような気もしますが、いまや車内を草が這う始末。

IMG_2911.JPG