MetLog

FireKingのマグ2つ目購入

去年買ったファイヤーキングのマグを不注意から割ってしまいました(参考:MetLog:FireKingのマグ

愛着を持って使っていたこととは別に、アンティークを失うというのは一つの文化遺産を自分の手で破壊してしまうことです。非常にショックでした。

前回同様ヤフオクで探してみたのですが、出物は少なく値段は専門店価格と変わらないまでになり競り負けてしまいました。

FireKingのマグは何種類か形があるのですが、私が使っていたのはDハンドルという最も特徴のない形で、それでも有名キャラクターのプリントされたものや希少な色であれば一万円以上しても不思議ではないものです。

単色のものは比較的安く、美しいターコイズで8千円前後、ファイヤーキングらしい色のジェダイ(ヒスイ=青緑っぽい色)なら五千円台、最も安い白が1000円強、というのがだいたいの相場でしょうかね。白は人気が無いというよりきっと数が多いんでしょうね。

私が欲しい山吹色は人気が無いのか玉数が多いのか安いほうで三千円くらいが相場になります。オークションも専門店も値段が変わらないなら、専門店で買うことにしました。ここ。ファイアーキング アス

発送がアメリカからになるんだけども、値段は安く送料もそれほどかかりません。到着までの時間もヤフオクで落札を待つことを考えると、むしろ早いかもしれません。

一週間もせずに届いたのがこれ。航空便で。

IMG_2139.JPG

山吹色のマグは「黄色」とも「オレンジ」とも表記されるので、もしかしたら山吹色じゃないかもと思ってはいたのですが、やはり山吹色ではありませんでした。黄色。少し薄い感じ。

IMG_2141.JPG

刻印から判断すると生産時期は以前のものと同時期、60年代中期。

IMG_2145.JPG

状態は、以前のものより綺麗で使用感もありません。

思っていた色じゃないけどこれはこれで綺麗な色。40数年を経てどこをどう経由してか太平洋を渡って今手元にやってきたのですから、大切に使っていきたいなぁ。

コメント (2)

ファイヤーキングは人気がありますね。
私はアンティークとは、ちょっととらえられないんですが(スミマセン)、
でもあの持ち重りのするぽってりした感じは、結構好きです。
草色の人気があるそうですが、この黄色も、おいしそうな良い色ですね・・・

ところで、翡翠はジェダイの騎士ではありません(^^;;
カタカナ書きならジェイド、またはジェイダイト、です。僭越ながら(_O_)

metro:

shi-ta さん、どもども。
わりと流通してますし、気取ったアンティークとは違う感じですね。
もともと安物の日用品ですし。

ところでヒスイ、カタカナならジェイドというのはその通り。
ただしファイヤーキングの流通市場では「ジェダイ」という呼称で通っているようですので、それに倣ってます。

参考:
Yahoo!オークション - fireking Dハンドル
http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=fireking+D%A5%CF%A5%F3%A5%C9%A5%EB&ei=EUC-JP&fr=moz2&rls=org.mozilla:ja-JP:official&alocale=0jp&acc=jp

ヤフオクだけでなく多くのショップでも「ジェダイ」です。なぜそう呼ぶようになったか、来歴まではちょっと分からないのですが、昔からの慣習かもしれません。
今更「アイロン」をアイアンとは呼ばないようなものかも知れません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)