MetLog

willcom03 本体アップデート1.50a

willcom03の本体がアップデートしている、というわけでやってみましたが結構面倒くさい。

アップデート内容なこんな感じ

スマートフォン:シャープ

(「1.00」→「1.50a」のアップデート内容)

1. microSDHCに対応しました。
→ 動作確認済みmicroSDHC一覧


2. Opera mobileのデフォルトのフォントサイズを大きくしました。


3. ライトメール返信時に、引用する/しないの設定をできるようにしました。


4. ホームメニューを更新しました。


5. W-ZERO3メールの動作安定性を向上しました。


6. マナーモード中でもイヤホンから音が聞こえるように変更しました。


7. Bluetoothヘッドセットを使用している際、オートパワーオフまたはキーロック中(節電中)に着信音が鳴るように変更しました。


8. CPUへの負荷を軽減するため、Windows Media Playerを起動中はカメラを起動できないように変更しました。


9. その他、動作の安定性を向上しました。

Operaのアップグレードも含まれており、読み書きがぐっとよくなるはずなんでやらねば。

スマートフォン:シャープ 本体アプリケーション アップデート手順

●以下面倒だった点

・ACアダプタ接続が必要。クレイドル不可、直結必須

・時間がかかる。ダウンロードもインストールも長い

・メインメモリに45MB必要なのですが、これが足りない。メインメモリを遠慮がちに使ってる人でも多分たりない。いくつかのソフトとデータをmicroSDに退避しましたが、一番大きいのは電子辞書「デ辞蔵」を退避すること。

これはマニアには知られたことのようですが、貧相なメインメモリを拡大するためにデ辞蔵をアンインストール/削除し、microSD側にインストールというのが良い方法のようです。

WILLCOM 03応援レビューその7~辞書を再インストールして内蔵メモリを節約する - 伊藤浩一のW-ZERO3応援団

それはそれで面倒臭そうで私はそこまでやる気力なしです。

・やることが多い。多すぎ。
・・事前にバックアップ(全体)
・・設定/メニューからOperaを外しておく
・・Operaのブックマークを退避させておく
・・パワーマネジメント設定で、外部電源では時間が経っても電源が切れないようにしておく
・・ソフトをダウンロード後、電源を切ってW-SIMカードを抜く。抜いたら電源を入れる

インストール自体はそれほど面倒は無し。時間はかかるけど。

インストール後はそれまでやった設定を逆順で戻していく作業。やれやれ。ちょっとした半日作業になりましたよ。