MetLog

vespa リアタイヤ交換に迷う

vespa修理後、雨だったので後輪タイヤ交換。スペアタイヤが新品で、使わないのも勿体無いので適当に減ってきたリアタイヤと交換します。

それに一度は交換しておかないと、いざというときにタイヤ交換でオロオロしてしまいます。タイヤ交換もおぼつかないようでは、スペアタイヤを常に持ち歩くvespa乗りには恥というものです。

vestire1.jpg

ベスパの後輪はこのように、エンジンとマフラーに挟まってます。

本体の尻の辺りを、自動車付属のパンタグラフジャッキでリフトアップすると、タイヤは外せる、はずですが…

vestire2.jpg

微妙にマフラーに引っかかってタイヤが抜けないという事態に。多少高く上げていっても、どうにも抜けない。

上げる高さがまだ足りないのか、側溝の上や穴の上で交換するものなのか。そんな話は聞いたことありません。それにしても、困りました。

困ったときのショップ頼み。電話で聞いてみたところ、緊急時の上げ方から、スタンドの下に5cmほど板をかますとやりやすいとかナンバープレート台にかけてジャッキアップすると高くあがるとか、最終的にはタイヤの空気を抜けばなんとかなるとかかなり細かく教わりました。

それにしても、ナンバープレート台にジャッキをかけて上げれるとは。なんとも丈夫な。

スタンドの下に車の古タイヤを置き、ジャッキアップするとかなり高く上がりましたが、それでも引っかかってしまってどうにも取りにくいのです。

うーん、たいていの人はここまでやらないでタイヤ交換をするわけなんだよね?タイヤ交換がそんなに大変なんて、聞いたことがない。

何か大事なことを見落としている。そんな気がしてきました。それは迷路に迷って堂々巡りをしている感触とでもいいましょうか。奥へ進めば出口があるわけじゃない。すぐそこにある道を、角度を変えると見える道を見落としている感じとでもいいましょうか。

ゲームやパズルで罠にかかってるときには冷静になって、考えるんだ。違う角度から考えろ、光を照らせ、逆をやれ。押してだめなら引いてみな、引いてダメなら… あ!

引っ張り出すんじゃなくて押し込むってのはどうだろう?試すとタイヤはなんなくスルリと抜けました。

初心者向けの罠をクリア。経験値はどれくらいもらえたかな。

vestire3.jpg