MetLog

燃費が良い車。ただし…

らばQ:1リッターで100キロ走る超小型のフォルクスワーゲンが登場

Laugh at High Gas Prices With a 282-MPG VW | Autopia from Wired.com

らばQらしいどこか抜けた内容にはツッコミを入れないことにして、このフォルムはまさにメッサーシュミット。ビートルにはニュービートル、ミニも新型が登場、チンクェチントも新型が登場ということになったし、メッサーシュミットの正統後継機が出てもいいよね(メーカー違うけど)

メッサーシュミットとは、こんな車。Messerschmitt KR-200。

世界自動車図鑑 > その他のドイツ車 > メッサーシュミットKR200 : ホビダス by ネコ・パブリッシング

前後2シーター、小型のフォルムは個性的。バックギアがなく、一旦エンジンを切ってエンジンそのものを逆回転させバックできる、らしい。そのため、バックでも4段ほど変速が可能(らしい)

数年前、この車が走っているのを何故か良くみかけました。近くにオーナーが住んでいるのでしょう。いつまでも後ろをついて走りたい気になったものでしたが、最近は見かけません。どうしてるかな。


先のらばQの記事は、燃費の話が先頭にきてますが、今後燃費は重視されるでしょうね。100キロというのはあくまでカタログ値でしょう。カタログ値と現実では倍ほど違うこともそう不思議ではないですから、まぁなんとも。乗り物は小型軽量であれば低燃費で済みますから、やはり良いとは思いますが、求められているスタイルではないなとも思います。縦2シーターならバイクでいいのでは?

燃費のいいバイクと言えばホンダのカブ。あれは本気でリッター100キロいくようだし。低燃費レースイベントではカタログ値以上を出してる車両もあるとか。

バイクはともかく、それに近い乗り物というと、ミニカーがありますね。ミツオカが出していたりアビーとかああいう車。50cc以下で定員一名ながら屋根もあってヘルメットも不要。このカテゴリの車両は電気駆動のものも多く、今後注目されるんじゃないかと思います。

ミニカー (車両) - Wikipedia

[ CQ MOTORS ] -動力は、遊びゴコロ
mitsuoka microcar homepage
タケオカ自動車工芸・電気自動車ミリュー