MetLog

雨ツーリング

本日雨にもかかわらずツーリング。片道10km足らずの短距離な感じで。

雨の日は滅多に走らないんですが今日は走ってみようかなと。

雨でも走りたいとき

もともと雨でも走る乗り物だし、たまには雨の日走れることを確認しておこうかなぁと。

いや、雨の日走らないVESPAとか、あるんですよ本当に。電装系が漏電してると雨の日はエンジンがかからないということなんです。

一応四月に200km近く雨の中走ってるんで、そういうことはないだろうと思いつつ確認。

いつもよりエンストしやすかったりエンジン掛かりにくかったりですが、それは近頃プラグが弱ってたり、プラグコードが抜けやすくなってたりということなんじゃないか(と思いたい)

他は挙動に問題なし。

それにしても、夜でも雨でもエンジンが止まるとか動かないとか、そういうことに動じなくなってきました。

雨の日一番怖いこと

見通しが悪いとかブレーキの制動距離が延びるとか、滑りやすいとか、漏電してれば動作が不安定になるとかそういうことではなくて、一番怖いのはやっぱり注意力のない自動車。

雨の日、って、用心するものだと思います。見通しが悪いのはこちらもそうだし歩行者なんかもそう。互いに危ない。制動距離も延びたり危険要因が増えます。だから、自動車だって用心します。

雨でない日でも一定割合、用心の足りない車ってありますよね。横からすーっと幹線道に向かって突っ込む車、気ままに右いったり左いったりする車、そういう車に限って周囲を見てなかったり。

で、自分の印象ではそういう車って雨でもやっぱり用心しないんじゃなかろうかと思えるんです。それは私の思い込みかもしれません、でも雨の日でも本当に不注意な車っているもんで、そういう車が恐怖を一層煽ります。

横にバイクがいるのに、気がつかず、気ままに曲がりながらウインカー出す車とか、早速居ました。比喩でもなくて死ぬので止めてほしいところ。

帰宅後の手入れ

ボディに着いた水滴をふき取り、ついでにホイール部分も汚れのふき取り。最終的に、乗ったときより綺麗になりました。つまり水洗いした格好です。

購入時に、ボディは全塗装、主要部品は新品に交換、ということもあって、ただ拭くだけでだいたいピカピカになります。ありがとう浜町のお店。旧車を買った実感はありますが中古車を買ったという感じがありませんね。旧車の新車、みたいな。