MetLog

複雑対決 渋谷駅か新宿駅か

当ブログにおきましてはいつものことですが、いまさらな話題ですみません。

ちょい前に、渋谷駅が複雑怪奇すぎる!という記事がsbmなどで注目を集めていました。

知られざる「駅ダンジョン」の世界

で、他にもいくつかの駅を取り上げてるわけですが、ちょっと気になりました。

複雑怪奇とか乗り換えに時間が、というそういう駅はと思い浮かべて出てくる駅が、出てないですね。

地下鉄永田町駅の長大なエスカレータ。あれは国会と皇居に用意された地下シェルターを避けて掘ってあるから異様に深いのだ、という都市伝説を信じてしまいそうになるくらい異様に長い。

あと新御茶ノ水。地下通路に「あと800m」とか何の冗談かと思うような長い乗り換えは詐欺としか思えない。乗り換え駅が「御茶ノ水」はともかく名前が「淡路町」に「小川町」と全然違うし、しかも「新御茶ノ水」から「御茶ノ水」が最も遠いというのも罠すぎます。

ということもあって、上のエントリでは全体的な話の進め方といい、どうも詳しくない人が書いたのではないかという印象がぬぐえません。ツッコミいれたくてウズウズしてしまう記事です。

関連:
渋谷は見てくれだけ 本当にヤバイのは新宿駅です
渋谷はそんなに難しくねえよ田舎者! - 何かの間違い

わりとよくある話題で「分からないのは渋谷」「いや新宿」というのは意見が分かれるところなんじゃないでしょうか。

自分はそれでもやっぱり「渋谷のほうが良く分からない」と思うんですよ。

最初のエントリでは指摘できてない、以下の点がポイントかなと思います。

新南口について触れてない

地下鉄だからJRの出口には触れてないんでしょうが、とにかく出口ってことで新南口から出たら「ここ、どこ?」ってなること必定。渋谷から離れた、一種飛び地になっているのです。

駅から出て見えるのは、ハチ公でも巨大なビルでも流れる交通でも人の波でもなく、目印といえば交差点に立つローソンくらいなのですから。

地下街もスゴイ

駅の地下から出て適当に歩いていると、そこには商店街があります。しぶちか、東横地下、マークシティ地下。マークシティなどは斜面に沿っているんで、上下関係がまた掴みづらい。道玄坂にそって、通路も延びています。でも放射状に伸びていて横には連携していないというアクセスの悪さもあって、なかなか面倒。

雨の日でも駅構内に入らずちょっとしたウォーキングが出来るのでよいと言えばよいのですが。

地上が分かりづらい

渋谷はここが致命的にひどい。新宿は、アルタ前のある華やかな東口を表とするなら、オフィス街の高層ビルが並ぶ西口が反対側になります。南口は、正直にガードの上になり、方向感覚が掴みやすい。

しかし渋谷は妙な放射状の軸になって、出口を間違えて修正するのが良く分かりません。五角形というか六角形というか、それ以上というか。渋谷駅東口の反対側は、なに口か知ってますか?西口ではありません。南口なんです。

ハチ公のいる反対側にモヤイ像があるかというと、そうとも言えるし違うとも言えるし。説明もしづらい。

「地下では良くワカラン。とにかく地上に出よう」といって地上に出てさらに途方にくれる。そんな経験は地方出身者は一度くらいあるんじゃないでしょうか。

というわけで、自分はむしろ渋谷のほうが分かりにくいかなぁと言う実感。東京駅の京葉線ホームのひどさも捨てがたいけど迷ったり途方にくれたことがないな。新宿駅も。

追記080704:
わかりにくさとは違う話だけども、渋谷駅の玄関口、日本で最も有名な交差点へ続く「ハチ公口」の入口は改札たった2つで渋滞すること多し。ちょっとあり得ない小規模さ。構造的問題の一端ではあります。

関連:JR渋谷駅の出入り口の位置関係がいまだに頭に入っていない - ARTIFACT@ハテナ系