MetLog

ある無料サイトの死

さくらのレンタルサーバを借りる前は、無料レンタルサーバサービスのお世話になってました。

無料のレンタルサーバと言っても、今はピンと来る人少ないかも。ブログサービス全盛だからね。

ブログってのは、要はソフト込みの貸し出しサービスなのですが、今みたいにそういうのが盛んになる前は、ソフト無しでディスクスペースだけ、というイメージでした。Geocitiesとか。

無料となると、htmlファイルを置くだけだとか、あと掲示板やメールアカウントもセットで付いてるとか、そういうサービスが多かったです。CGIも置けるのであれば、自前で用意したりどこかから調達した掲示板だとかブログだとかも置けるわけです。

無料で借りれるところは、タダだからといってタダでは済まないもので、だいたいは広告貼り付け義務というものもセットでした。契約プロバイダが同時にそういうサービスも提供してることが多いので、そういうところを利用すれば広告無しだったり安価だったりしますが、自由度もほどほどだったりです。

しかし探せば奇特な方もいらっしゃるもので、無料でサーバを貸し出して、かつ広告も不要CGIも利用可能という有難いところもあるものです。たいていは個人がサーバを立ててそこを貸すということが多いのですが、なにぶん個人の気まぐれに依存しているようで、管理者の対応が時期によってはなかなかやってもらえなかったり管理者が技術的に未熟だったり、回線速度に難アリだったりすぐに飽きて止めてしまったりというのが難点。

そんな中、さらに少数のサーバでは、回線速度も速く管理が行き届き安定しながら無料で広告も無し、という、有難くも不思議なサーバもありました。そんな一つがASN。私もお世話になった、ASN、10年続いたASNもサービスを終了するようです。

Atelier-S Network

ありがとうお疲れ様。身にしみて良く知っているサービスの密度の高さをもってして、長く続けていくことは難しかったでしょう。よくもあれだけ手をかけて長く続いたものです。

長く続けていくには、手のかからないやり方にすること、そして、そこからちゃんと利益が上がること(=契約として成立してること)この二つは必須なんじゃないか。たぶんウェブサーバ運営だけの話ではないような気がしてます。

コメント (2)

ある無料サイトの管理者:

匿名ですみません。ある無料サイトの管理者です。
いちおう、まだ(数ヶ月は)現役の予定です。
うちに関する記事だったので、コメントを残させていただきます。
全般に誉め傾向なので、気恥ずかしさとともに、とても恐縮してます。

手がかかるからこそ、これまで10年余に渡って続けてこれました。
手をかける楽しさ。これは「庭いじり」に似た感覚なのかもしれません。
それも、暇だからやる、ではなくて、忙しいながらも時間を作り、
その限られた時間の中で、精一杯やることで、大きな充足感も得られ、
それが、長きに渡って続ける原動力にもなっていたのだと思います。

諸般の事情により多忙が続き、手をかける楽しさも味わえず、
もっと現実的には、仮にサーバが落ちても放置になりそうな状況で、
ならば、きちんと告知できるうちに、終わっておこうと決断しました。
事情さえ許せば続けるつもりだったので、積み立てていた運営資金が、
10年分くらい余ってしまいました。(新車でも買います(笑))

では、失礼します。

metro:

コメント有難うございます、ASNでは有難うございました。
10周年のお祝いメールを出そうとしてメールアドレスを探したりまごまごするうち、引退表明ということになり驚きました。

なるほど手間がかかるから続かなかったのではなく、手がかかるからこそ続いたというわけですね。間違って捉えていたようです。

「利益=契約してれば」と書いたのは、ASNが資金の問題で閉鎖したかのように読めて、書き方不足でした。私もそうではないだろうとは思ってましたが、出来れば専属の管理者であったなら、と思ったのです。そうでなくても、管理者の確たる「仕事(職務)の一部」であったなら、との思いから書きました。

本当に、有難うお疲れ様です。残念さもありますがお体大切に、お仕事無理なさらず(それは無理ですか? 笑)お過ごしください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)