MetLog

メーターを修理してもらう

Vespaのメーターが壊れたわけですが(MetLog:メーター壊れる)修理してもらうため、日本橋まで行ってきました。

ちょうどミッションオイルを交換したてなのと、モーターオイルのブランドを変えた(ヤマハ青缶)のでちょっと走りたい気分でもありちょうどいい口実。それに距離積算が分からないというのはちょっと面白くないので解消したいのですよ。

さて、道々自分ならどういうふうに直すか、というのを考えてみました。仮に信頼できるバイク屋さんを知らず、手持ちの知識からしか直しようがなかったら。

ワイヤに付いたピニオンギア(現状舐めて潰れたヤツ)の交換は必要です。たっぷりとグリスアップして交換。可能な範囲で清掃、ついでに関連部分にスプレーグリス。それくらいしか思いつかないな。プロはどうなんだろう。

IMG_3557.jpg

さて店についてプロのメカニックの手順を観察してみました。まず潰れたギアを取り出す。一緒なのはココまで。あとは全く違ってました。

潰れたワイヤー側のピニオンギアだけでなく、車輪軸側のギアも確認(綺麗なものでした)グリスアップしなおして締めなおし。その後ワイヤーを抜いて手で回すと、

「ん?メーターがロックしてるね」(=メーター側のギアが全く回らなくなってるから、ギアが回れず舐めてしまったのだろう)

というわけでギアは置いといて、原因究明へ。ここが自分なら交換したギアを動かしてみてもう一回ダメにしているところです。素人は部品交換を考え、プロは原因解決を考える。

ヘッドライト部分を開き、メーターとワイヤーを取り分けます。で、タイヤ側にあるワイヤーを回すと、メーター穴から出たワイヤーもクルクル回る。ワイヤーはおかしくない。ということはメーター本体がおかしいということに。

メーター本体にワイヤと同じ四角い線を繋いで回すと微動だにせず。おそらく距離積算メーターのギアがおかしくなってる?

さらにメーターの分解を始めました。これにはちょっとびっくり。assy交換じゃないの?まさかここまでやるとは…

「ちょうどちょっと前にメーター分解したんですよ」

丁寧にリングを開き(これはデリケートな作業、できれば自分ではやりたくない)中を分解。速度計部分と積算メーター部分を分け、速度計のほうを回すと滑らかに回ります。

「動かないのはカウンターのほうだ」

予想通りとはいえ、雑なことをせず一つ一つ確認。こういう丁寧な問題の切り分けを手際よくやるのはさすが。

結局、メーターの焼きつき(グリス切れ?)という結論に。少し歪んでいました。手で回しても全く動かず。

メーターのカウンタ駆動部分を、部品取り用?のメーターから移植して元に戻して作業終了。自分だけであれこれやるなら…メーター交換しか思い至らなかったでしょう。このメーターが実は高い。通販で1万円台の後半、オークションでもほぼ同等が相場のようですからはるかに安く済みました。それに、私のメーターは今やわりと品薄なタイプで簡単に手に入りませんし、イマドキVintageに乗ろうという酔狂な人間ならば、簡単に交換せずに出来るだけ直して乗りたいところ。そのへんを考えても細かい修理が有難い。