MetLog

ブレーキが抜ける

納車後一ヶ月。合計800キロは走ってます。

そんな今日、大変なことになりました。走行中にフットブレーキ(リアブレーキ)が利かなくなるという。

ベスパはリアブレーキが自動車のようにフットペダルで踏み込むのですが、突然スポンと抜けるようになり、それっきりブレーキが利かなくなりました。ペダルを踏んでもスカスカです。ワイヤーが切れた?

ブレーキは、リアブレーキがメインです。フロントブレーキは補助的なもので、フロントだけではピタッと止まれない程です。さぁ困った。家までは結構あります。10キロは無いにしても数キロはあります。

普通に運転していて車を抜かず抜かれずを目指し、スピードは抑え信号の流れを読み無理をせず用心し、歩行者自転車もいつも以上に注意し集中していれば概ねなんとかなります。停まるべきところではじっくり減速、エンジンブレーキ、そして前ブレーキ(ハンドルレバー)、最後は文字通りの「フットブレーキ」で靴底を減らします。

一番困るのはヒョイっとウィンカーを出しざまに曲がる車(ウインカーの意味無いよ!)これは本当に怖い。そういう人に限ってあんまり周りを見ないんだよなー。

それとわき道から飛び出してくる車も怖い。運転者が車を動かしながら反対側を見てこっちを見てないのが見えたりすると最悪な気分です。

で、家に無事に帰ってから。さてどうしたものか。購入した店は信頼の置ける店ですが30キロ以上あります。怖くて行けませんよ。


ベスパを見てもらうには、ベスパを扱ってる店なら大丈夫だろうと、とある最大手バイクチェーン店に連絡してみました。販売もしていますし、パーツがあればなんとでもなりそうですし、無くてもなんとか応急の処置くらいはやってもらえるんじゃないかな。家から数キロ離れたところにありますがまぁ移動可能な範囲内か。行けるんじゃないか。

電話で話をして、状態や車種を説明するとお店の人はこう言いました。

「それってウチで買ったんですか?」

「すみません、違います」

「ウチの系列の店で?」

「違います、ですがなんとか助けてください」

「だったら修理は出来ません」「ガチャリ」

酷い。

困って次の店へ電話。先ほどの店よりはほんの少し遠い、津田沼某店。ベスパの正規代理店でもあります。しかし先の例もありますから最初に聞いてみました。

「そちらでは、そちらで購入したバイクの修理しかしない、というようなことはありますか?」

輸入バイクやパーツが無いバイクの場合、すぐに見れるとは限らない、とのこと。車種はVespa50sだということを伝えると「輸入車で、それ現行車種じゃないですね、申し訳ありませんウチで買ったわけでは無いのでしたら見れません」との回答。

バイク業界というのはそういうもんなんですかね。その店で買って無いと修理もしない。見もしない。輸入車だから?

50sは、ロードスターと似ていて、国内でも人気があり現在生産されて無いにしても市場にタマ数がありパーツも手に入れやすく、珍しい車ではありません。なのにこの態度は酷くないか?一店ではないし、どちらの店も特に評判の悪い店でもないところを見るとどこの店でもそうしたものなのかな?車でこんなことは無いよね。

とにもかくにも、30キロ以上離れていても頼るべきは買った店しかないと。そう思うと逆にスッキリした気持ちになります。知らない店に見てもらうより良く見てる人に見てもらったほうが安心ですし。

電話で、リアブレーキのワイヤが切れたみたいだと言うと

「うーん、それはあんまり考えにくいですね、ブレーキのワイヤは太くて簡単に切れるなんてことは無いんじゃないか。たぶん、ワイヤを留めているナットが緩んでるのではないか、リアのホイールのところに見えますよ」

とのこと。なるほど早速見てみました。ああ、ここだな。ワイヤーはごつくて太い。本当だ。ちなみにダラッと長く伸びているのはクラッチワイヤー。

IMG_3460wire.jpg

ペダルを押し込むとそれとリンクして、この部分が動きます。切れてないってことです。

電話で話したアドバイスによると、このワイヤーを引っ張って締めれば良いのだけど引っ張るには専用工具が要る、ペンチとかで簡単に引けないというような話ではありました。

とりあえずやれるだけやってみます。ナットを緩め、ワイヤーをペンチで引っ張ります。ビクともしません。たしかにこれは引っ張れない。

そうではなくて、逆にブレーキ側のプレートを前に押すと、これは動きます。で、ワイヤーを送る。結果、ワイヤーを引っ張るのと同じことが、出来ますね。送った状態でナットを締める、と。ガッチリ締めます。

乗ってみると見事にブレーキは効きます。前より効くんじゃないか?ってくらい効きます。乗って下り坂でテスト。問題なし。解決。

やってみれば何とかなるし分かるものですね。もし次回(無いことを願うけども)同じことがあれば、昼でも夜でもとりあえずガソリンスタンドに飛び込んでレンチを借りるだけでなんとか出来そうです。


以前プラグのトラブルがあったとき(MetLog:ガソリンとプラグの話、そしてトラブル)にいただいた、月夜さんからのコメント。

月夜:そのうち、きっともっとスリリングな場面に遭遇する事間違い無し!ですねw

に、イヤイヤイヤイヤ。それは困る。そうならないで欲しいところだし。とか思ってましたがその通りにコトが進んでるのが若干悔しい(笑