MetLog

PCの死、あるいは半死

昨日ノートPCのOSが起動しなくなり、今日サポートに連絡。ではないな。電話予約しておいたので逆にサポートセンターから連絡がありました。

状態はあらかじめ知らせてあるし、どうせ返送、ハードディスク交換という流れに違いなかろう。とは思うがとりあえず順から言うとサポートに電話で相談ということにしました。

ところがサポートの対応と判断がよく、回復までの最終的な手順を詳しく判りやすく言ってくれました。結構イイ線いってたんですが、やっぱりどうにもダメっぽくやっぱりEPSONに送ってハードディスク交換(無償)という流れにはなりそうでした。一応現状のハードディスクも貸し出してもらえそうです。

というと無力なサポートセンター、という印象になってしまいそうですが、なんていうんでしょうか具体的に上手く引用できないんですが「大切なデータは何とか可能性のある限り回復できるようやってみましょう」とか「なるべく早く復旧して使えるようにしましょう」という気持ちで考えてくれてることがよくわかる対応で、やっぱりエプソンいいなと思いました。(実は後者の早く回復というのは私はそれほど望んでるわけではなかったのですが)

書きませんが、やはりサポートに定評のある他メーカーの対応はもっと淡白なものだったこともあってちょっと嬉しかった。PCはサポート大切。ハードディスクは壊れるものだしね。


ハードディスクは壊れるものです。どこのメーカーでもグレードでもそれは変わりません。だからRAIDだったりバックアップだったりの、壊れる前提の対応が大切。壊れることはある程度予定調和であり想定の範囲内にしないといけません。

とはいえ、私もRAIDまで組んでいたわけではないので、最後のバックアップはいつだったかちょっとドキドキしながら調べてみたり考えてみたり。

データ量で一番大きかった音楽データは、別ドライブ(DVDドライブを外して組み込んでいたハードディスク)にあるのでバックアップを確認するまでもなく、まず無傷。外付けハードディスクに保存していたデータは、調べるとdocument and settings で一日前くらい、他のデータは古くても一週間くらい前かな。ダメージとしては写真データが直前作業分も含めて一週間分ほど失われてしまったかも。という程度でした。

深刻なダメージは無いはず。けどもシステムのバックアップまで取ってないから多くのソフトはインストールしなおしという面倒は残ります。システムバックアップも含めて対策を取ればよかったかな。

コメント (2)

まけいぬ(?):

私もHDD死んでしまう前にと思って新しいの買ったんだけど、
面倒くさくて放置してる…。
いざ死んだときに泣き目にあうのはわかっているのに、
調子いい間はなかなか腰があがらんのですよね。

metro:

200Gあれば200Gで使おうと考えちゃったりすると、まずいんですよね。
100Gを二つ用意して、バックアップを取る、という構成にしなきゃいつか失くすことになっちゃう。
あとはバックアップは自動的に取るように、ですね。手間かけてバックアップしようとすると続かないですよ。

システムバックアップも取ればいいのかもしれないけど、問題が出る前にOSが変わったりしそうだしなぁ。いつ起こるかわからないとは言ってもそこはどうなんだか…

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)