MetLog

メモ増やす:御茶ノ水のモズグス

またsuica の定期が切れたことに気がつかず、チャージ分で通勤。痛恨。

改札機で表示をしてるらしいけども本当なんだろうかと疑いたくなります。気がついたのが電車の中だったのですぐに降りて改札を出て定期購入。そういう時は便利ですね。改札出ないで買えればもっと良いのですが。

そうだ、これからは定期券の期限もスケジュール帳に入れるようにしよう。ということで半年後に記入。


髪を切るのは三ヶ月に一度くらいで、思い切り短くしては鬱陶しくなるまで伸ばし、の繰り返しです。ズボラなのと、そのほうが切ったときの爽快感、気分の違いがあるからです。

しかし社会人としてどうか。もう少し身だしなみに気を遣うべきではないか。という反省はあまりないけど定期的に整えるのも良いかもしれないと思うに至り、一ヶ月に一度髪を切る予定にしました。

なんて思うことは今回が初めてではありませんが実現した試しなし。今回はスケジュール表に記入。一ヵ月後にはきちんと髪を切っていることでしょう。


私の電車通勤時間は一時間を越えます。しかし乗車時に席に座れるということはまずありません。

さすがにずっと立ちっぱなしというのは厳しいです。が、全く座れないということも稀で、たいていは座らせてもらってます。だいたい半分の距離で、降車客と入れ違いに座らせてもらってます。学生さんが多いですかね。

で、乗車時にどこに立つかで、座れるかどうかが決まるわけですよ。くだらないことだと思われるかもしれませんがこれはなかなか切実な問題。一時間以上立っていればかなり体幹に応えます。今ではさほどではありませんが、以前太っていた頃は更に大変で、足は痛いわ、腰は痛いわで午後になってもダメージが引きませんでしたよ。

というわけで、知った顔や知ってる制服の学生が座っていれば、その前に立つわけです(あるいは、立たないように避ける)彼は某駅で降りるから入れ違いに座れば立ってる区間は半分で済む、とか、ほとんどの区間で座れる見込みはないから前に立たないようにする、とか。

しかし、毎回そういう目当ての人が居るとも限らず、またその人の前に立てるとも限らずです。私も毎日同じ電車ではなく、一本二本前後することもあるので、そういう降りる人情報については把握しきれません。

そこで、こっそりメモを付けてるのです。○○の鞄に××のバッジの制服=A駅で降りる、とか。何度か見かける人なら、特徴を書いてメモることもあります。特徴を書こうとすると表現はどうしても失礼な傾向になりがち。

こんな風に書いていました。

「ベルセルクの異端審問官、御茶ノ水で降りる」

さすがにこれはひどい。W-ZERO3にプライバシーフィルターを貼るべきかも。

コメント (2)

優先席に座っている人は、比較的早く降りるようです。優先席に座る度胸があればの話ですが・・・。

metro:

>優先席に座っている人は、比較的早く降りる

えー?ないない。乗る時間帯も違うしね。

でもきっと何か理由はあるのかもしれませんね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)