MetLog

渡せなかった五円 / 賽銭験担ぎ

今日すべきことを日替わりで作成するページなんだそうな。

今日すべきこと -世界初!ライフハック検索エンジン-
todotoday.jpg

脳内メーカーみたいなもの?とか思ってmetroと入れて出してみると、こんな感じでした。

  • ギザ十を探す。[重要度:80%]
  • 本屋に行きベタドラマを再現する[重要度:27%]
  • 健康優良児に選ばれる。[重要度:19%]
  • トイレに書斎を作る。[重要度:7%]
  • きばる。[重要度:4%]

ギザ十か。50円玉のように側面にギザギザがついた、古い10円。あるかな。財布を見ても、溜めた小銭を詰めた瓶をひっくり返してもありません。無いもんだなぁ。ちょっと前(ってのが随分前だったりする)にはざらっと集めれば中に1枚くらいはあったものだけども。

ギザ10ほどメジャーじゃないけど、フデ5ってのもあります。筆文字5円、表の「日本国」の国の字が旧字体で「日本國」になってるのも希少ですね。これもついでに探してみて、やっぱりない。無いもんですねぇ。

さて他は。「本屋に行きベタドラマを再現する」ってのが良く分からない。あれかな、洋書の画集を積んで檸檬を載せて逃げるとかそういうのか?(できません)

健康優良児:既になってる。トイレに書斎:トイレはPDA。きばる:きばった。

それにしてもギザ10。無いな。みんな集めるようになったからかな。


神社に参ると賽銭を上げるものですが、普段神仏など頼むこともなく根拠無い迷信は毛嫌いする私もそういう時は妙に験を担いだりしてしまいます。

賽銭は5円に限ります。御縁があるように、ってね。財布に5円が無いときでも、10円は投げない。遠縁に通じるから。同じく百円も入れない。薄縁=縁が薄い、に通じるから。で、10円硬貨や100円硬貨しかないときは、二十円にするとか何種類か組み合わせて投じるようにしています。

ギザ10、は遠縁だったなぁ。


ギザ10フデ5は集めませんが、そういえば家にちょっと変わった硬貨が、あります。あった、これだ、これ。

IMG_1069.JPG

ギザ10でもフデ5でもありません。さて、これはどこが珍しいかというと。ここ。

IMG_1070.JPG

三枚とも、昭和64年のコイン。昭和64年は天皇崩御の年で、年始に亡くなったため、64年は実に1週間しかないのです。これは珍しいのではないか。そう思って取っていました。

ちなみに昭和元年も一週間しかないんですよね。つまり昭和は64年まであっても実質62年と2週間。元号って満年齢じゃなくて数え年なんですよね。

私の祖父が毎年年号の入ったコインや紙幣を集めていた人で、その祖父でも持ってないんじゃないか、上げると喜ぶんではないか、と思って取っていましたが、結局手渡すのも気恥ずかしくもあって渡さないまま、数年後には渡すことは叶わぬこととなってしまいました。

調べると、実は昭和64年のコインというものに希少性は薄く、あまり価値も無いようでした(参考:No.034 硬貨の価値

縁の切れた円は引き出しに今も使われること無く眠り続けています。たまに見ると、すこし祖父を思い出します。