MetLog

節分と落花生

いきつけのスーパーにて。節分が近いので豆まき用の商品も。

IMG_0587.jpg

落花生で豆まきというのはどこかで聞いたことがあるような気もしますがさすがに違和感。日本の行事にバタ臭すぎる素材ではないかと思ったり。

やっぱり千葉だけに落花生で豆まき?かと思って調べるとそうではなくて北海道東北信越地方でよくあることらしいです。

節分2:落花生を撒くって、有りですか? - [暮らしの歳時記]All About

なるほど、殻つきで投げてその後集めて剥いて食べて無駄が無い、と。合理的といえば合理的だけども情緒がないような。投げてもあんまり痛そうでないということも(痛くなるほど全力で投げたりはしてませんが)

コメント (13)

ばるこ:

大豆をまくところもあるんだ!というのは、確かTVで知ったと思います。
うちは落花生で、歳の数だけ数えて食べていました。現在も同じ。
「歳の数って、さや入りで?豆の数で?」問題は、どっちもありでした。
小さいうちは、数が多くなるように、さやを数え、
相手してくれないくらい大きくなると豆で、とか。
雪に埋もれて、拾い損なった分が、春に芽を出したりします。

くるりん:

大豆はおいしくないので、絶対落花生にします。

アパートだから、マメをバラまいたままにしておけないし、拾って食える落花生がいいなあ。

上京後、寮に入ったら、年男がマメまきに部屋に来ましたが、やっぱり落花生でした。後片付けが簡単だからじゃないでしょうか?

大豆じゃ、気づかずに踏んじゃいます。

metro:

>ばるこさん

こどもは大豆より落花生を喜ぶだろうなぁ。
>春に芽を出したりします。

生ですか?てっきり煎ったものだと思ってました。スーパーで売ってたのもたぶん煎ったやつだと思いますが、どうなんだろう?

>くるりんさん

大豆、美味しくないですか。そうですかそうでしょう。
私は節分近辺から売ってる炒り大豆が好きで、良く買って食べてました。節分を過ぎると売らなくなるのが残念で。

そういう人ってあまりいないって事でしょう。もっといるなら、もっと売ってても良さそうだしね。

ばるこ:

Wikipedia読んできました。
炒っているのかどうかは、わからないです、ときたま土がついてますね・・。
なんとなく、乾燥させてるんだと思ってました。
今日、スーパーでは、大豆と落花生、(売り場面積としては)半々に売っていましたよ。

ただの想像ですが、雪の多い地方は落花生主流なんではないかと。
「全部拾って食べよう」と思っても、雪国で大豆は全部拾えないと思うので。
落花生は、雪に埋まっても拾いやすく、また、拾ったあとに洗わないで食べられる。
節分の頃は大体豪雪で、豆まき自体寒いし、拾うのはもっと寒いから。

私は大豆、加工前はほとんど見たことなくて、大人になってから「この豆何?」と思ったりしたもんです。

尻軽。:

私も炒り大豆好きです。でも、年に一度一袋食べるくらいで結構満足してるかもしれません。

天慈:

落花生も好きですけれど、大豆も大好きなんですよー。
だから
巻いたら拾ってキレイにしてきっちりおやつとして食べます。
んまんまです。

metro:

>ばるこさん

うーん、少なくとも外に撒いた豆は拾って食べないです。その分、あんまり勢い良く撒かないかもしれません。
落花生でも外に撒いたのを食べるのは抵抗あるなぁと思ったり。

キッチリ食べるのなら、雪国であってもなくても落花生のほうが合理的でしょう。
なんとなく「大阪発祥」とか言われると納得しそうなほど。しかし北陸以北が発祥っぽいんですよね。

違和感があるのは、絵的なところかな。ほら、裃つけた撒き役が、枡に入れてる豆が落花生ってあんまり入りそうにないんじゃないかとか。実際はそんな装束で豆まきはしませんけども。落花生の場合、ビッグな袋からわしづかみに投げてる絵しか想像できないのですが、そういう感じなんでしょうか。

> 尻軽。さん

おー。同志がいた。ほんのり甘くてポリポリしててなかなか良いですよね。食べ始めるとクセになるっていうか後を引くっていうか。

> 天慈さん

天慈さんもですか。子どもたちはどうだろう?食べるかな。楽しみです。

アドミィ:

懐かしいなぁ、豆まき。
よく、家の中で撒いてポリポリ食ってましたよ。
あれは、大豆だったんだろうか。
子供の手にも小さい豆だったのは確かで、落花生ではなかったのは確かだが。
ポリポリポリポリ、前に頬張ったのが無くなる前に、ポリポリポリポリ。
口の中が豆の味で満たされたのを、よく覚えています。
今は、そういえばやらないなぁ・・・。
美味しかったですよ。

metro:

>アドミィ

煎り大豆でしょう。
豆まきをしなくなってからもこの季節になると豆を買って食べたものでした。

地味なのに侮れない美味しさですね。

とくがわ:

昔マンガとかで豆マシンガンなんて冗談もありましたが、
ちょっと使ってみたかったかもw

考えたら豆撒きの起源も兵器ともいえるような…

metro:

>兵器

ないないないない。
主食になってもおかしくない高度なタンパク源を投げたりしませんって。
起源は、別の意味があったというのが本当のところでしょう(そしてそっちのほうが面白い話にもなりそうだと思ったり)

兵器というと語弊があったかもしれませんが、元々は退魔のためだったと
思うんですけどね。(鬼の目玉に600kgの豆叩き込むって…どんな量だ)
ちなみにヨーロッパにも似た風習がかつてあったようです。

塩くらいならともかく、豆確かに投げるのもったいないような…
なんでそんなものをわざわざ選んだのか、謎ですね。

metro:

普通に、多くの祭り、イベントは豊作祈願や収穫感謝なので、立春にあたりまさに種まきになぞらえたのではないかという夢の無い推測。

ちなみに西欧由来のクリスマスも、キリスト教=放牧民族の宗教が農耕文化圏に伝播する過程で収穫祭(立冬)を吸収したという説も。あれも農耕祭りだってこと(かも)ですよ。

バレンタインデーは業者の作為でしょうなー。しかし元を辿れば案外節分のようなものだったりして(w

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)