MetLog

臭い飯

刑務所の飯を「臭い飯」と言います。「臭い飯を食う」=「刑務所に入ること」という婉曲表現ですね。

で、その来歴はネットでみても判然としません。Wikipedia(刑務所 - Wikipedia)では「かつては刑務所の飯は臭かった」説で、それとは別に「独房内では、トイレと同じ場所で食べる」「=臭い場所で食べていた」という説があります。

刑務所のメシってどんなの?

今の飯は臭くないよ
そもそもかつての刑務所では便器を机にして飯食ったから
臭い飯と言われたわけ。
水洗じゃないのな。

常識ぽてち(臭い飯|常識ぽてち)では両方の説を併記。どっちが多数派かというとどっちとも言えず。数では判然とせず。

ただ一つ、語源として公式に表明しているところがあるようです。

ムショの飯が食ってみたい

57 名前: やめられない名無しさん 投稿日: 2001/05/23(水) 00:04
この前、宮城県登米町の警察資料館に逝って来たんだけど、そこに明治時代に使用されていた
留置場(雑居房)が展示されていたんだけど、部屋の隅に石で出来た便器(だけどきんかくしも
ないただの丸い石板に穴があいているだけ)があってその下が糞壺になっているんだけど
そこの説明に「この部屋で臭いをかぎながら食事をとった事から『臭い飯』の語源に
なりました」なんてあった。

ここで具体的なソースを発見。なるほど、宮城県登米町の警察資料館か。しかし2ちゃんねるの匿名さんの書き込み。もうひとつ裏をとりたいところ。それで再度検索。いくつか検索結果をみていくと、その一つに明治期の、トイレまで再現された監獄の写真があがってます。

旧登米警察署(宮城県登米町)

が、肝心の語源の話は、無し。ただここまでくると、信憑性は高まりますね。きっとそういう語源説明はあったはず。で、さらに検索結果をさらってみると、あった。中学生の研究発表を公開したもの。

1年登米自主研修

CEC提供学校サーバー上のウェブログ作品を一般公開用に再構成したものです。

全体になかなか読み応えがあって面白かったです。その中の一ページに、該当する記事発見。

1年登米自主研修: No.427「臭い飯の語源は牢屋に関係ある。」

■臭い飯の語源は・・・・・
昔は、トイレの臭いがきつくそのトイレの臭いをかぎながらご飯を食べていたので、牢屋で食べる飯を「臭い飯」と言うようになった。

というわけで、宮城県登米町の警察資料館によると、便所の臭いが臭いところで食べた飯=臭い飯、ということのようです。

臭い飯=昔の麦飯説のソースは、今のところ見当たらないようです。どなたかネットではない「○○に書いてあったよ」という情報をお持ちの方は教えてください。


便所飯という言葉があるらしい。こちらもWikipediaでごたごたしたらしく、Wikipediaからは削除。はてなブックマークにコピーしたものが載っているらしいです。

はてなブックマーク - 便所飯 - Wikipedia

便所飯(べんじょめし)とは、便所の個室で食事をする行為の事。友人のいない者、主に学生や女性が、一人で食事をする寂しい姿を見られないよう、衆目を避けて食事を取る目的で便所飯に及ぶ。

ランチメイト症候群の一つらしい。

ランチメイト症候群 - Wikipedia

学校や職場で一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことに一種の恐怖を覚えるというもの。一般的に大学生や20代の女性に多い。

一人でいることは重要。いつかは学ばなければならないでしょう。大学生やわかい女性は、その後学んでいくのでしょうか。

人はいつか孤立することもあり、その場にいるのが苦痛な時もあり。仲間から外れることに異様に不安を覚えることもあり。気持ちも分からなくはないです。そういう時は誰にでもあるでしょう。あなただけではない。大抵の人はそうなんじゃないかな。

今はそんな風に孤立したり辛かったりもしませんが、私は一人の時間を尊重し、周囲もある程度以上理解してもらえてると思っています。平日は昼食も夜食もたいてい一人で、時に歩きパン食という行儀の悪いことまでやってますが、それもまた良い形ですよ。若い人は「一人でいることも重要、むしろ必要」ということを早く知るといいですね。

便所飯はせつなすぎる。檻なき牢獄を生きている。臭い飯。

普通に一人で食べるといいよ。