MetLog

エスビットは使えるか/旅行準備

エスビットを実際に使ってみた。ネットで調べると「火力が弱い」「湯が沸くには至らない」「いや湯が沸くには充分」「風に弱い」などの情報があったので、本当のところはどうなのか気になったので。

本当は、娘とウォーキング後に公園で試そうと思ってたんですが、生憎連休は雨ということでバルコニーにてテスト。

30センチ角のアルミホイルを広げ、角を立て風防に。今日は無風に近いんですが、旅行シミュレートなんでとりあえずやってみました。着火はオイルマッチ使用。長く使えるわりには数百円と安価で、湿気る心配もなく、棒の先に点火するので着火に良く、普通のマッチ箱よりも小さいのも良いです。

P7150015.JPG

燃料は付属のタブレット20個入りのうち2個使用。数分待たずにシェラカップの水が沸騰。十二分の能力でしょう。使用感について書いたサイトの多くでは、燃料一個で実験していることが多いのですが、燃料を置く場所の窪みは2個でピッタリなので、一回2個用としてデザインされてるんでしょう。一個が一回は標準的使用法ではなく追加調整用に考えてこのサイズなんでしょう。

煮沸後しばらくして鎮火。問題なし。

P7140004.JPG

エスビットの固形燃料で沸かした場合、煤が結構つくので、風防用アルミ箔をシェラカップに巻いて下山予定。

*娘の落書きだらけのテーブルは本文とは無関係

P7140006.JPG

本体付属の紙箱入りの固形燃料は、一回封を切ると生臭くゆるく揮発していくのでチャック付き小袋に入れる必要がありそう。


旅行先では、軽い登山気味のハイキングを予定してるのですが、次女は完全に背負う予定。で、勇み足でヤフオクで買ってしまったのが子供用の背負子。ベビーキャリアって言うんですかね。

P7150003.JPG

これはデカい上に用途も限定されてて無駄な荷物になるので現地でレンタルで借りる予定。このベビーキャリア、使わないままヤフオクで流すことになるかも。