MetLog

生八橋をレンジで作る

友人であるとのすさんのサイト(日記的散文と落書的CG「とのすのす。」)掲示板で、生八橋が話題に。その中で「簡単に作れるよ!」という書き込みが。

数年前の「オレンジページ」という雑誌に、作り方が出ていました。超簡単。

1.マグカップの中に上新粉大さじ3、餅粉大さじ1、お砂糖大さじ4、水大さじ3を入れて混ぜ混ぜ。
2.ラップをふんわりとかけてレンジで1分半~2分。
3.ラップの上に取り出し、ラップに包んだ状態で20回くらいこねる。熱いので布巾など使って。
4.シナモン粉を打ち粉にして、麺棒でのし、お好きな大きさに切る。

え?生八橋って自分で作れるの?しかもそんなに簡単に。

出来る量もそれほど多くはないので作って困ることも無さそう。それに本当に簡単なような。短時間で出来そうだし。

念のため、検索して他の記事も参考に。いくつかのサイトを比べても、だいたい作り方は上の紹介文と同じようです。ただ、餅粉ではなく白玉粉だったり、上新粉ではなく上用粉だったり。不思議に思ってよく調べたところ、餅粉も白玉粉ももち米を粉にしたもので、上新粉も上用粉もうるち米を粉にしたもの。若干製法や粒の細かさ、工程の一部が違うだけのようです。なるほど。知らなかった。

もち米由来の粉は白玉粉や餅粉のほかに、牛皮粉、道明寺粉やみじん粉(!)があり、うるち米由来の粉は上新粉、上用粉のほかにかるかん粉などがあるようです。ちなみにきな粉は大豆、片栗粉はもともとカタクリ由来のでんぷんで今は主にじゃが芋から作ってます。コーンスターチはコーン由来のでんぷん。そして小麦粉は…あ、これはいいか。はったい粉は大麦やキビ類を焦がした粉だとか。

さてそれはさておき、まずは材料調達。何故かウチにはシナモンは大量にあるので、粉類を購入。白玉粉と上新粉。

yatsuhashi.JPG

大さじ一杯の白玉粉と、その三倍の上新粉に、上新粉と同量の砂糖、水を混ぜたところ。ちょっと砂糖は少なめにしました。すでに色が少し茶色いのは、砂糖の代わりに三温糖を使ったため。

yatsuhashi-1.JPG

ラップをかけてレンジで1分40秒。もち米を蒸し上げたときの香りが。ラップを開けると結構しっかりと固まってます。

yatsuhashi-2.JPG

それをラップの上に出して20回ほど畳んで練ったところ。アツアツ。

yatsuhashi-3.JPG

麺棒が無いので安物のすりこ木で代用。シナモンを打ち粉にして伸ばす。結構固い。なかなか薄くならない。もう少し柔らかく蒸しあがればよかったんだけども、レンジにかけた時間が長すぎたのかもしれないし、砂糖を若干減らしたせいかもしれない。

yatsuhashi-4.JPG

適当なところで四角く切って二つに折ってできあがり。餡無しのプレーンな生八橋。ちょっと厚い。

yatsuhashi-5.JPG

味は、普通に美味しいです。でも生八橋ってこんな味だったかな?(しばらく食べてないんでよく覚えてない)

美味しかったからいいや。

コメント (6)

なかなかおいしそうですね。

metro:

オススメです。

味は甘みとシナモンだから、そんななんでしょうね。
でも、本当に簡単にできるんだね。

metro:

チョー簡単ですよ。粉はタップリあるのでまだまだ楽しめます。安いしね。

トム:

お初にお邪魔します。
数字ってもしかして下の数字のこと?
いやあ、気づきませんでした。それで投稿できなかったのですね。(恥
生八つ橋、とってもきれいにできましたね!

metro:

教えていただき、ありがとうございます。
四角く切って折るだけでそれっぽく見えるのは不思議(笑
妻は何を作っても、それほど褒めないんで、今度来客が来たらこれを出そうと思います。

数字はスパム対策なんですが、書いてくださる方には面倒を増やして申し訳なく思います。
#自分でも面倒

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)