MetLog

渋谷の建築2:青山学院

Photo by PDA

正面:間島記念館

設計:清水組 / 竣工:1929年 (参考:近代建築散策:青山学院大学間島記念館(旧間島記念図書館)

正門から真っすぐに伸びた道の突き当たりにランドマークとなる間島記念館という大学らしい作り。

構内には、実は20年前に一度入ったことがあるきりだが、20年ぶりにこっそり足を踏み入れます。少し奥に位置するガウチャー・メモリアル・ホールは、正面はステンドグラスが配されており教会らしいデザインが素晴らしいのですが、それだけでなく全体のデザインも素晴らしい。垂直に高くそそり立つ建物に対して、深い庇が水平にリズミカルな陰影を落す姿には惚れ惚れとしてしまいます。

残念ながら私の写真ではそんなよさを捉えることが、微塵も出来てなく恥ずかしい限りではありますが。

PA0_0000.JPG
設計:日建設計 / 竣工:2001年8月 (参考:清水建設 作品集 青山学院大学 ガウチャー・メモリアル・ホール


青山学院大学 - Wikipediaを読むとこんな記述が。

学生食堂

* 青山キャンパスの学生食堂(学食)は地下に設置されている。昼の時間帯は高等部の学生、周辺の会社員などが大学の昼休み開始以前の時間帯から数多く利用している。


実は、20年前。ここに足を踏み入れたことがあります。大学生の頃、青山のどこかの画廊に足を運んだ帰りに腹も減り金も無く、周辺の料理屋といえば値の張る店かマックくらいで、しかしマックは食べたくない気分でどうしたものかと徘徊をするうちに、立ち止まったのが青学の前。

私は、つまみ出されやしないかと心配しながら(芸大の警備は結構厳しいのでどこもそうだと思っていた)入っていくと、すぐにあった学生食堂。安くて美味しくなかなかモダンな学食に、さすがに違うなと思いました。

芸大の学食ときたら、他大学とは全く違い、戦後困窮期の食事はこうであったろうと思えるほどの貧相さでしたからね。

その学食へ行ってきましたよ。今は、どうかな。

ao-curry.JPG

写真映りはイマイチですが、なかなか本格的な、カレーがあるあたり、さすが青学。

PA0_0001.JPG

結構ボリュームのあるミートソースが290円。うむ。安心しました。

しかしアレだ。周辺の社会人はここで食べちゃいかんなぁとか思いました。ちゃんとそれなりの値段のところで食べて、巡り巡って私大の安い学食を支える側であってほしいなぁと。

コメント (2)

この前、久しぶりに大浦食堂で食べてきました。(芸大美術館と直結していて、美術館利用者でも食べられます。)相変わらずの大浦の味、でした・・・。

metro:

> 相変わらずの大浦の味

orz

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)