MetLog

渋谷の建築1:三基商事東京支店

Photo by PDA

設計:竹中工務店 / 竣工:1985年3月

情報参考:建築+街並探訪 三基商事東京支店

煉瓦に覆われた重厚な佇まい。ピラミッドを4つに割った形状で道路に面した二面が煉瓦斜面で殆ど窓が無く、他の二面は普通な仕上がり。

三基商事は「さんき」ではなく「みき」商事。ミキプルーンのミキ。あれか。あの有名な「新婚さんいらっしゃい」をスポンサードしているところで、子供の頃はどこに売ってるんだろうと思ってました。きっと関東に売ってるのかな(私は九州育ち)と思ってましたが、東京でも見かけません。

調べるとココ、ネットワークビジネスなんですね。最近知りました。アムウェイとかニュースキンと同じ、いわゆるマルチ。国内でも有力なところで、上位に位置するようです。

ネットワークビジネス企業ランキング eサイドビジネス

2ちゃんねるでの評判:ミキプルーンはどうなの? 三基商事・・

いわゆるネットワークビジネスでは、商品をアピールするためにホームパーティーに招き、テーブルの上は製品尽くめ…というパターンが一般的らしい。

余談だが、一般名称にも近い知名度の「タッパーウェア」もそのような形態で販売され、タッパー尽くしのホームパーティーなんかやるんだそうだ。でもいまや100均でいいのがあるし、値段差がありすぎると一層手が出にくいでしょうね。

さらに余談だが、うちは(というより私は)ジップロック派なので、先日はホームパーティーでもないのにテーブルの上はジップロックだらけの食卓でしたよ。作り置きばかりの食卓とも。よく言っても時間差おせちだ。旧正月ですら一ヶ月以上過ぎたというのに(笑

さらにさらに余談は続くけどジップロックはいいよ。競合品よりやや高めですが、安かろう悪かろうではないシッカリした安心感があるのが一つ、それに同じモデルをどこでも売ってていつでも買えるから追加購入しやすいんだよね。もう作ってない売ってない買えない、ってことがない。同じ蓋同じ容器がいくつもあれば使いまわしも流用も効くので、いいです。ほどほどに安いから、菓子や料理を近所におすそ分けしても容器ごと上げていいし。

さて戻って。

そうそう、ミキプルーンの話。三基商事はプルーンだけでなくほかの健康食品も出してるようです。会社のオフィシャルページにレシピが出てます。

プルーンクッキング

糸こんのマスタード和えなんていうごく自然な惣菜の材料に「ミキプルーン」「ミキプロティーン」「ミキバイオC」「ミキエコー37」などという瓶詰めの粉や錠剤やペーストが入ってるわけですよ。プロティーンかりんとうに至ってはかなり謎。いろんな粉をふんだんに入れた菓子というのも生理的に受け入れがたい、というようなことではなく、どういう意味でプロティーンなんか使うのか意味が全く不明。プロティーンって筋肉増強したい人とか、あるいはダイエットで不足しがちなたんぱく質を補給するために補助的にとったりするヤツでしょ?そういう人はまず余分な糖分、脂質を抑えたい人だったりすると思うんだが…

スパゲティーの大根おろし ミキバイオ-Cのりあたりのメニューも厳しいな。まぁあれだ、健康に良いかどうかはともかく体に害もないのであれば、合法の範囲内でビジネスを行う分には特に野暮なことを言いたくはないけども、ちょっと食べたくは無いなぁ。