MetLog

イチゴ狩り、その後公園へ

イチゴ狩りに友人Vさん家族と出かけました。

千葉成東周辺ではイチゴ狩りが出来る場所が多くあります。今日行ったところはココ。

作田苺園:いちご狩り:山武市成東観光苺組合

ビニールハウスのイチゴを摘んで食べて摘んで食べて。食べ放題、ただし30分間。

IMGA0649.JPG

到着後、原因不明なんですが、すぐに次女が愚図ってしまい、泣きまくってました。「おかあさん、おかあさん」と泣くので私では対応できず、妻が対応し、おかげでたくさん食べられなかったようで。実はイチゴをどれだけたくさん食べるか一番楽しみにしていたのは妻なので、最後は残念そうでした。

遠出のわりには30分というショートプログラムなので、現地周辺の公園へ足を伸ばすことにしました。

さんぶの森公園へ。

アスレチック系遊戯施設も充実しており、子供は楽しめてた様子。一番ウケが良かったのが、このジャンボ滑り台。

IMGA0650.JPG

公園には高い展望台があり、そこから360度の景観を見ることができます。グラデーションのかかった森が幾重にも重なっているばかりで、特に大きな何も見えません。唯一、一点だけ聳え立つコンクリートの塔が一つだけ見えます。聞くところによるとエレベーターの試験設備だと言われるものです。

あとでGoogleMapで確認すると、オーチスの施設らしい。衛星写真で、建物の屋根にOTISって文字が入っているのが確認できます。

遠出といっても車で高速を走ればそんなに時間のかかるところでもなく、今日は暖かく特に体を動かすようなイベントでもない…と思っていましたが、帰宅時にはかなり疲労がどっかりと。今日は早めに寝ます。

コメント (4)

つじ:

もしかしたら、ビニールハウスに閉じ込められたような気がして不安になったとか? >娘さん

metro:

あー、確かに、そうかもしれません。ていうか、そうだという気がしてきました。

つじ:

ビニールハウス、形としては、トンネルや洞窟と同じで、狭いけど果てしなく遠くまで伸びているように見え、しかも普段見たことのない不思議な光景が延々と続く外部から隔絶された場所ですので、怖がる子がいても不思議はないです。あくまでも想像ですが。

ところで、すっかり暖かくなってきましたね。近所の果物屋さんでは、大きなスーパーでは安すぎて仕入れないと思われる、小粒のいちご(味も、ちょっと酸っぱめ)を大安売りしていました。

metro:

そうですね。イチゴはシーズンですかね。

イチゴ狩りはもうシーズンオフになりかかってるかもしれません。値段は、正直、買ったほうが安いかも。

そんなにたくさん食べられない三歳以下の子供でも、お金を取るんですよね。500円かな。ラクに1パックは買える値段です。農家からすると、小さい子ほど畝を荒らすことが多く、そのための値段設定なんだそうな。(大人でも畝をまたぐのは基本的に禁止になってる)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)