MetLog

ビックポイント→suicaの不思議

ビック/VIEW カードを作ると、ビックカメラのポイント(多くは購入価格の10%程度の価値)をsuicaに出来ます。

ポイントというと一般的には、1.ポイントで購入したらポイントは付かない 2.ポイントが使えるのはポイントを発行した店だけ というシバリがあるのですが、まず1.の制限が付かなくなります。ポイント→suica化すれば、ポイントで購入してもポイントが付くということに。それと2.ですが、これは多くの店で崩れつつあります。ローソンでツタヤのポイントが付いたり、妙なところで妙な特典があったりします。が、一般的には溜まりにくいクレジットカードのポイント(1%以下が多い)だったりするので、この10%ポイントがsuicaになるというのは魅力です。JRのコンビニNewDaysやキオスク、駅中の自販機や蕎麦屋だけでなく、ファミマやジャスコなどのイオン系列店でも使える。なんだかもう現金と違いがありません。

こんなポイントを発行してるというのは、ある意味現金を刷り出してるようなもんじゃないのか?こんな量販店が幅を効かせてると日本はどんどんインフレになるんじゃないかと妄想してみたり。

ところが実際にsuicaにしようとすると、数々の障害があるわけです。なんだかなぁ、っていう。

まず、ポイント交換申請手続き。これはネットでできるんですが、実際に交換に至るには、一ヶ月待たなければなりません。ちょっと長い。長すぎる。

で、待った挙句に、それをVIEW アルッテという駅にあるATMのようなもので手続をしなければいけない。大抵は一人用ボックスの中にあります。

VIEWアルッテに入ると気がつくのが、何か肝心なものが無いんです。そう、FELICAのリーダー。つまり携帯(モバイルスイカ)ではダメだと。カードを持ってこい、と。カードを減らすためにモバイルスイカにしたのに。カード持ってくるのかよ orz

そしてカードを持っていき、今度はチャージの手続き。今回は2000円分をチャージするように手続きをしています。2000円分チャージできるはずなのですが、表示は「1000円」しか出ていません。何でだろう?

後で調べると1回のチャージ金額は「1000円」「3000円」「5000円」「10000円」の4種類なんだそうな。なるほど、だから「1000円を交換」しか表示しなかったのか。分かった。それはいい。それはいいけど、1000円チャージしたら、もう1000円チャージするのに、またカードを入れたところから再操作ですか…

MetLog:本当にダメなJRインターフェイスなんてエントリを書いたばっかりだけど本当にダメだな。

で、無事に操作完了して、いざsuicaの残額を見れば、全く増えていません。あれ?おや?今度ばかりはJRにクレームの電話を…

と思ったら、これはJRの手違いではなくて、どうやらモバイルsuicaには移せない仕様らしい。つまりチャージしたsuicaは、先ほどのクレジットカードに入ってるということに。カードにsuica、携帯にsuica。やれやれ…

これはどういうことだ?徹底的に不便だな。あれこれ検索して調べてみると、また面妖なことに。

2chによると。

ビックカメラSuicaカード 13ポインヨ

116 :名無しさん@ご利用は計画的に :2007/02/14(水) 17:37:25
モバイルsuicaへのサンクスチャージは除外された。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0702/14/news041.html

118 :名無しさん@ご利用は計画的に :2007/02/14(水) 19:49:45
ビックPが一旦サンクスPになっていたのを利用して、Suicaチャージ以外の想定外な使い方した連中が多かったから、その対策結果が提携P分離と交換制限だからな。
純粋にモバSuiチャージしたかった人にはいい迷惑だ。

119 :名無しさん@ご利用は計画的に :2007/02/14(水) 21:02:23
ルミ姉に変なことするからだお

何を言ってるのかよく分からないので、さらに調べるとこういうことらしい。

まず。Bicポイントをsuicaにするのに、一旦サンクスポイント(VIEWカードのポイント)に変換される。そしてそれをsuicaに変換する、という仕様。ただし今は内部的に分離され、ビックポイント由来のサンクスポイントはsuicaにしか移動できません。

なぜそんなことをしてるのかと言うと。クレジットカードのポイントというのは一般的に1%とかそれ以下とか、非常にカラい率で付けられるわけですが、その分、クレジット会社関連の商品券のみ例外的に優遇されて交換できる、という仕様になっている場合が多いんです。VIEWカードの場合はルミネ商品券だけが高率で交換できる。

というわけで、ビックカメラのポイントをsuicaにせずに、サンクスポイントにしてルミネの商品券にする、ということをする人が多かったからモバイルスイカに移せないんだ、ということを言いたいらしい。話としては理屈に合わず繋がってないんですが、技術的には繋がってそうな予感も確かにします。

元々、ビック/JRが言ってるのは「ポイントをスイカに出来る」ということだけで、実は「サンクスポイントに一旦する」というのはJR側のエラー。そういうところにつけ込むヤツが悪いというより、システムとして問題があります。

モバイルスイカに移せないということや、やたらと使いにくいインターフェイスというのがセキュリティ上の慎重さから来ているのだという善意の解釈をする人も中には居るかもしれないけれども、先回りして言うとそれはちょっと違うと思います。というのも、過去の経験から、お粗末なインターフェイスを強いる機構のほうがよりセキュリティにも弱いことが多かったから。その経験をもってして「インターフェイスがお粗末なほうがセキュリティが弱い」という結論は言えないにしても、「インターフェイスがお粗末なものはセキュリティに気を配った結果である可能性が高い、ということは全く言えない」という根拠にはなるでしょう。

今回もまた、JRダメだな、という思いをより一層強くしました。

日本のインフレを心配したくなるくらい、ポイントシステムの変化には期待したいところなんだけどもね…

自分で書いてて、読み返すと分かりにくいな。つまりこういうこと。「Bic/VIEWカードは、ビックカメラのポイントをsuicaに出来るという便利そうな謳い文句に反して実態はメチャクチャ不便」以上。

コメント (8)

つじ:

紙幣は他人に渡すことができ、それがさらに他人にどんどん渡っていく。預貯金も融資の形で他人に渡り、融資を受けた人や会社はそれを自分のところの金庫に入れるのではなく、銀行に預金するので、これがまた銀行の手によって他人に貸し出されるという形で、どんどん広まっていく。そこらへんが、現代のお金のものすごいところです。特に後者の仕組みでは、1万円の貯金を材料にして、100万円の預金と99万円の融資を作り出すことが可能なので(比率の上限は、そのときの金融政策による)、お金の量を爆発的に増やすことができます。土地バブルも、土地を売って得た金は銀行に預金され、それが別の土地を買うために貸し出されていくという形で膨れ上がりました。

さて、小売店がやっているポイント還元とは、実は、消費者が小売店に無利子で貯金しているようなものなのです。1000円の商品を買って200円のポイント還元とは、1000円の商品を800円で買い、お釣りを小売店に貯金するということ。あるいは、200円の商品券をお釣りとしてもらうようなもの。

商品券と違って、お客さんは(今のところ)ポイントを他人への譲渡はできませんから、紙幣を乱発した場合のようなインフレ要因にはなりません。また貯金のようなものだと見た場合にも、小売店も、この貯金を銀行のようによそに融資できるわけでもないので、金融政策を緩めた場合のようなインフレ要因には、やっぱりなりません。

ところが、今回の記事にある最近の流れのように、会社ごとにばらばらだったポイントが交換可能になって、現金に近い感じで流通するようになってくると、話は良くも悪くも危険で魅力的な雰囲気を帯びてきます。ポイントが自由に譲渡可能になれば、例えば、A社のポイントを担保にして現金を借りるなんてことだってできてしまいますから、それなら、もはやお金そのもの。

消費者にとっては、一つの店でしか使えないポイントよりもあちこちで現金のように使えるもののほうが便利ですから、交換しやすくしていくのは自然な流れですが、今後、色々な波乱があると思います。

metro:

消費者からすると、いろいろな波乱は楽しみでもあるんですけどね。いろんな抜け道やワザや規約を逆手に取ったやり方を考えるヤツも出てきます。ていうか誰でもすぐ思いつきそうな抜け道を残してておくのもあんまりといえばあんまり。

そういうことの対応に慎重/ナーバスになるあまり、結局不便を優先してしまっては何のための相互乗り入れなんだと思います。便利だということがウリなハズなのに。残念です。

あ、ポイント譲渡はいくつかのところで可能だったと思います。Edyやsuicaなどの電子マネーも。suicaはまたいろいろ面倒だったような気もします(よく調べてないですが)

つじ:

ポイントが相互に交換可能になるにつれて、おそらく、特定の小売店から独立した汎用のポイント発行会社が登場することになるでしょう。全部の会社がまっとうなビジネスを営むとは限らず、中には詐欺まがいのところも出てくるはず。そしてネズミ講や先物取引詐欺などの犯罪の変種も、ポイント経済のなかで発生するだろうと予想しています。ユーザーに手持ちの現金をどんどんポイントに変えさせておいて、ドロンとかも。現金とポイントとト交換比率を変動させて株価操作と同じような詐欺をもくろむヤツも出てくるに違いない。大事件になるか、小さな笑い話で終わるかは分かりませんが、何も起きないはずはない。なぜって、「お金と同じように使えるもの」は、お金にまつわる犯罪の道具としてもお金と同じように使えるものだからです。

私が前のコメントに書いた「ひと波乱」というのは、そういうたぐいのもの。10年後くらいに、ライブドアみたいな体質の会社がポイントを発行してひと騒ぎ起こすかもしれないぁ なんて、思っています。

そういう事態になるからポイントはよくない。と、言っているわけではありません。第一、ポイント経済の発達は、たぶん止められませんからね。不思議なブロック経済が形成されつつあって、非常に面白いです。

metro:

なるほど。たしかにライブドアポイントってのはあると面白かったかも。「はてな」もポイントがあり、現金から獲得、そして現金に近い扱いだったような気もしますが、あんまり妙なことにはなってないですね。残念(何

Yahoo!もポイントサービスを始めてますね。オークションで使えるとなると、かなり現金に近い感じです。ここを起点にひと波乱ありそうな予感がします。

2ちゃんからキマスタ:

調査不足。
いろいろ間違いあるし、2ちゃんで叩かれてますよー。
「なんだこいつ、自分が使いこなせなかっただけじゃんw」って。

metro:

コメントありがとうございます。
それにしても一年前のエントリに反応ありがとうございます。そのうち2ちゃんねるも見てみますね。

追記:
まず改めてコメントくださった方ありがとうございます。
読んでさすがに、的確な、あたってるなと思うコメントが多いですね。

話題になった2ちゃんねるのスレッドはこちら↓
BIC-VIeW-JCB ビックカメラSuicaカード 29
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/credit/1224509527/l50

「不便」に対する反論としてはやはり「使いこなせて無いだけ」という言い返しが上限でしょうね。つまり使いこなしが必要。便利とは言えない、というのは良くわかってらっしゃる。

もう一つ面白いなと思ったのは

「規約に書いてあるじゃないか」

という反論。それは尤もな話です。皆規約を細かく読み通せば問題はないのでしょうね。

しかし、ネット上でそういう反論が出るような場=おそらく一般人よりリテラシーの高い人が集まるまさにその場で、この程度の長さのブログをろくに読みもせず「叩く」人が少なからずいるというのが一つの回答にはなると考えます。

2ちゃんからキマスタ :

なんだかおっしゃってることがよく分かりませんが、

>「不便」に対する反論としてはやはり「使いこなせて無いだけ」という言い返しが上限でしょうね。
>つまり使いこなしが必要。便利とは言えない、というのは良くわかってらっしゃる。

「使いこなしが必要」 と 「便利とは言えない」 は、イコールではありませんよ?

例えばパソコンは、触ったことのない人にとっては「難しい」「理解しにくい」「使いこなしが必要」なものですが、
それではパソコンは「便利とは言えない」ものですか?違うでしょう。


metro:

>なんだかおっしゃってることがよく分かりませんが
言ってることが判らないまま反論されるのは感心しませんよ。多くの場合、自分の主張を言いっぱなしになりがちです。

> 例えばパソコンは、触ったことのない人にとっては「難しい」「理解しにくい」「使いこなしが必要」なものですが、
> それではパソコンは「便利とは言えない」ものですか?違うでしょう。

使いこなせてる人にとっては便利だ、ということでしょうか。
でもそれは当たり前のことですよ。

例えばマイクロソフトのワードやアウトルックが便利だという人も居ますよ。
保険やある種の書類手続きだってそうです。「使いこなせてる」人は便利だと主張するものです。

ただそこに改善の余地はないのか、もっと判りやすくできないか、間違えやすくて大事な点は判りやすいところに書いてくれないか、もっと良い方法はあるよね、という点を言い回しや会話の流れから「判ってるな」と感じたということです。「使いこなせてない」という言い方の陰に、そういうところが判ってるなと思ったわけです。

参考までに申しますと、このブログは知名度も無いブログですが、このエントリに限って言えば、知名度のあるところで取り上げられたこともあり、いつもと違って不特定多数の目に触れた内容です。
一年前の時点ですが同調的な反応はあっても、そういう「使いこなせてないだけ」という手応えや反応は当時ありませんでした。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)