MetLog

伴侶の条件

結婚する前に確かめておくべき15の質問 | p o p * p o p

わはは。ほぼ当てはまらないな。まずまずこれは大丈夫だったと言えるのは

お互いの友人を尊敬してますか?

くらいじゃなかろうか。だいたい当てはまらなくても幸せに暮らせますよ。精神的信念も一致してないかな。妻は特にこれといった政治理念は持ってないのですが私は「軍国主義者」(憲法九条教: 戒律その四 真実に近づかせるな)だそうで(笑 


こういう相手と結婚するに違いない、こういう相手でないとやっていけない、と、自分で思ってたり友人たちも思ってたりしたことをことごとく裏切る相手;去年風にいうなら想定外、今年風に言うなら予想外の;と結婚して早6年。自分でも一番驚いたのは価値観の違いや趣味の違いです。

「結婚する相手はどんな人であれ、最低でも趣味や価値観の一致する相手に違いない。同じところで笑い、同じ行動原理を共有するような」

と思ってたんですが、全然そんなことなかった。

たとえばコレとか。

お金のたまる人

実際に貯まってるかどうかは別としてほぼ当てはまる妻とほぼ当てはまらない私。もちろん私はお金が貯まったことなんてない。 orz

あと、誰と誰ではどっちが美人か、という話題ではまず食い違います。紀子様と雅子様でどっちが美人か?とか。その手の話は連戦連敗で不一致続きながら今までで一度だけ意見が一致したのが、加藤あいと仲間由紀恵ではどっちが美人か?ということぐらいでした。どっちが美人か、分かり切ってますよね?

でもですね。考えてみると、意見や信条が一致する必要ってあるのか。身の回りの経験ですが、たとえばベッタリとしたカップルだとか「死ぬまで親友だよ!」とか言ってる仲のいい女友達連れとか、ナチュラルにペアルックなの?と思えるような趣味の同じ二人とか、実際あんまり長く続いてる感じがしないんですよねぇ。仲違いすると決定的に割れちゃう感じで。古い話だとたとえば左翼同士の抗争とか、部外者にしてみればどっちも同じようなものじゃん?というグループのほうが血で血を洗う抗争をしてたり、近い関係のほうが却って派閥間諍いが激しかったり。磁力が強いほど反発すると激しい、みたいな。というわけで意見や趣味や世界観がわりと違っていても、そこはそれで上手くいくものですよ。個性の違うふたりの方がお互いを生かしあい一人では出来ないことを可能にするツーマンセルアタックが光るということもあるわけです。

とはいえ、仲の良い趣味の合う夫婦というのも多いもので、そういう夫婦には羨ましさをちょっと感じたりもします。

コメント (6)

mattz:

>加藤あいと仲間由紀恵
え?分かりきってるんですか?僕、どっちとも決められないんですけど。どっちもタイプじゃないし。

metro:

>加藤あいと仲間由紀恵
>どっちもタイプじゃないし。

そうですか。意見が合いませんね。ということは同じファミリーになる資格アリですよ。

尻薫:

どっちが美人かという問いには自分の好みって入らないと思うのですが。
ただ、入るとしたら単に明らかに美人な方を好きではないからそっちを美人だと言いたくないだけなんじゃないですか?

ちなみにうちは、あんまりそういう話はしないですが、基本的には一致してる、かなぁ。
あ、今聞いたら、紀子様と雅子様で意見が食い違いました。っていうか、ちょっと微妙な意見だったけど……

metro:

>尻薫

いいなぁ。ウチは基本が食い違うだからなぁ(笑
どっちが美人かというのは、好みの一致以外に、単に性別による認識の差もあるかもしれません。(って今思った)

mattz:

や、どっちも仲間さんも加藤さんも結構な美人だと思うですよ。ただ優劣を付けられるほどには差は感じない。
ちなみに、僕が好きな女性タレント(長澤まさみとか)をカミさんが可愛いとかきれいだとか思うことはほぼまったくないです。
んでもってカミさんが可愛いと主張する女性タレント(上戸彩とか)を僕がいいと思うこともほとんどない。

metro:

長澤まさみと上戸彩なら、ウチのカミサンとも意見の一致がありそうな予感。

ただ長澤まさみの説明から入らなければいけないところがなんとも…

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)