MetLog

白菜の旨い季節だ

農家が豊作すぎて困ってるそうだ。白菜なんて、出荷せずに廃棄処理してるんだとか。

やまけんの出張食い倒れ日記: 白菜や大根、産地廃棄を「よくない! なんとかしたい!」と思うなら、、、一つだけ方法がある。

廃棄は勿体ないからなんとかしたいという話が出るのだそうで、解決するには結局こういう結論。

で、 消費者ができる、産地廃棄をなくすための方法が、一つある。 それは誰にでも可能なことだ。

それは、、、

白菜や大根等、豊作になっているものを、いつもなら一つ買うところを2つ買うこと。

という結論付けが正しいのかどうかは知りません。農家の事情なんかも、あんまり知ったことではない。捨てなければならないなら仕方ないでしょう。私は利己的で冷たい人間ですから。

ですが利己的な故、折角安い白菜をいつもの倍買ってみました。いつもは半分買う程度なんで、半分を2個。近くのスーパーでは捨てるほど安い値段でもありませんでしたが、それでも安い。倍買ったくらいで、家庭で捨てなきゃならないか?白菜で料理をする方法をそれほど知らない私でさえ、そうは思えません。

PC170001.JPG

料理しなれない人にとっては、このボリューム感に思わずひるんでしまうんじゃないでしょうか。でも心配ないですよ。豚肉と白菜の重ね蒸しmetro風を作ってみます。

PC170002.JPG

適当に切った白菜を鍋に敷きます。鍋には一応油を塗ってますが塗らなくてもいいかも。

PC170003.JPG

白菜敷いたら豚肉ならべて、また白菜を重ねます。の繰り返し。豚肉の代わりに少し古くなったハムでもベーコンでも何でも良し。冷蔵庫の余り肉でOK。

PC170004.JPG

鍋から溢れるほど白菜を入れます。他の食品なら食べきれないんじゃないかという量ですが、白菜ですから。入れすぎってくらいで丁度いい。

PC170007.JPG

上から砂糖をスプーン一杯(適当)それと、酒を振り掛けます。日本酒でもワインでも調理酒でもなんでも構いません。なければ水でもOK。量は本当に振り掛ける程度で。目的は、白菜を焦がさないためですから。上手に作る人なら水分無しでもいけるかも。で、弱火にかけます。

PC170008.JPG

火の元から離れてはいけませんが、そこは妻に任せて私は風呂に。風呂から上がったらこんな感じに。

PC170010.JPG

ひっくり返して醤油を適当に加えて胡椒を振ります。再び蓋して弱火で待つとこんな感じに。量は鍋の三分の一くらいになりましたかね。量としては何人分にもなりませんね。家族の夕食一食分で消えてしまうんじゃないでしょうか。

PC170014.JPG

ヘルシーとか体が温まるとか、そういうことも言えそうですが、そんな余計な事を言う必要もなく単純に「旨い」です。

残りは適当に切って袋に入れて浅漬けの素を入れます。これで二分の一個は消滅。無理なく一日で消える量じゃないですかね。ハッキリ言って白菜のデカさはハッタリですね。縮みますから。

倍買うくらいでも、案外なんとかなるものです。安いし、オススメ。

コメント (4)

重ね蒸し、旨そうですねー
今晩やってみようかしら

白菜、ウチでもフル稼働です 安いものを買わない手は無い
上の重ね蒸しにニラとキムチとコンソメを足して「キムチ鍋」
「白菜サラダ」「味噌汁」「クリーム煮」「ロール白菜」「普通の鍋」
白菜フルコース、超安上がりで作れそうですw

metro:

うわー、私の下手料理をHyoさんに見られると恥ずかしい限り。

キムチは合いそうですが、うちの子らが無理そうなんで今年はパスとしても、ほかに白菜の生かせそうな料理っていろいろありますね。トライしてみます。

改めて紹介:読むだけでも楽しいHyoさんのレシピ↓
http://cookpad.com/tenuki/

ちょっと立ち寄ってみたところ、うちの近所のスーパーは白菜はそんなに安くなかったですが、キャベツは山積みの特売品でした。というわけで、キャベツと『すき焼きのたれ』を買ってきて、似たようなことを試しました。

葉っぱものの野菜は、適当に肉と一緒に積み重ねて、しょうゆ、濃縮めんつゆ、焼肉のたれ、なんかを適当にぶっかけて、弱火でしばらく鍋のなかで蒸し煮にすると、たいていのものはおいしく食べられます。レタスだって悪くないです。もっとも、どれも同じ『たれの味』という気がしないでもないですが。

metro:

そうですよね、白菜ってそんなに激安じゃないですよね。足が早いからかな。

キャベツも甘みが出て美味しそうです。白菜より甘いですしねぇ。焼き肉のたれ、肉ともマッチして食が進みそうですが、野菜の甘みとか打ち消しそうです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)