MetLog

IKEA開店後8ヶ月 / 引き算で価値を高める

久しぶりにIKEAに行ってきたところ。

GRP_0000.JPG

混んで大変だから、と午前中から張り切って行くもガラガラで驚きました。いや、今までの混みっぷりが異常だったのかもしれません。基本は家具屋ですし、そうそう頻繁に足を運ぶ場所でもないですしね。そうそう横浜にも出来たそうですから、首都圏の客が分散した、ということもあるでしょうね。

写真はクリスマス関連コーナー。キャンドルホルダー50円から。種類も結構あって、それでも高いやつでも150円とかそんな感じ。都内のコジャレた店で同様のものを買うと、えらく高いんだよねぇ。

食器、ガラス器なども、一般的な店に比べても異常に安い。レジではガラス器は割れないように自分で梱包するように、と言われたので、ラッピングコーナーへ向かいました。ラッピングコーナーのテーブルにあったクッションペーパー。

csnpaper.JPG

こんな薄い紙で包んでもなぁ。あまり効果ないような気もする。新聞紙みたいなもの?

cpaper2.JPG

と、思いきや一端を引っ張ると立体的な梱包材に!ちょっと驚いた。確かにこういうやり方なら、使わないときにかさ張らないし、使うときにはいいクッション材になる。切り込みがあるとはいえ、ただの紙だからそれほどコストもかかってないだろう。よくできている。

cpaper3.JPG

IKEAは、こういう小技に感心させられる。前に行ったときの本棚の切り欠きも感心した。足元に切り欠きを入れることで巾木をよけてピッタリと壁に密着する本棚。

MetLog:IKEAの棚を組む

P7010007.JPG

一番安いマグカップにもそういった工夫があります。切り欠きを入れることで、食器洗い機でも水が溜まらない。食器洗い機を使った時のカップの底に溜まる水って、ほんと、気になるんですよね。

060925ikea%20cup.jpg

元画像は:IKEA「TROFE mug」:かすかにひと工夫あるマグカップ : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)

百均より安い79円のこのカップの切り込みはカタログでまるまる一ページ使ってアピールされてました。たったこれだけの工夫が、どうかすると何万円の家具以上の価値を生み出しているのかも。

このように引き算で価値を高める、ということは、想像以上に難しいことです。たいしたものです。

コメント (1)

IKEAに行くとワクワクしますよね
自分はソファーの安いお店を見つけたので購入しちゃいました。
デザイナーズ家具の種類も多くておすすめデス。
http://takumidesign.jp/catalog/index.html

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)