MetLog

はじめてのおるすばん

妻、午後から仕事に行く。帰宅はおそらく深夜。

私と長女(4歳)と次女(もうじき2歳)が留守番。夕方になって次女はスヤスヤ寝はじめました。長女はスコーンを焼く、と言って利きません。一旦はいいよ、と言ったのですが、よく考えたらベーキングパウダーを切らしてしまっていました。

「だめだよ。スコーンは作れない。だってベーキングパウダーが無いんだ。」

「なにそれ?無いとどうなるの?」

「そうだな。膨らまないんだ。つまり、焼いてもベタッと、お好み焼きみたいになるんじゃない?」

(長女、ニヤっと笑って)「作る!」

「ダメダメ。美味しくないって。今度買ってくるから、その時に作ろう」

「ヤダ。今買ってきて。」

「うーん、(次女は寝てるし、いい、か?) …寂しくない?お留守番できる?」

「寂しくない!できる!」

ベーキングパウダーを売ってそうな店まで、バイクで往復15分もあれば充分だろう。それくらいなら、いいか。でも、まぁ、一応念のために、一つだけやっておこう。

私の携帯電話の設定を少し変えて、それを娘に渡して説明しました。

「いいかい?パパに電話をかける方法を教えてあげる。”1”を押して、[通話]だ。この緑のボタンね。出来るかい?やってごらん」

娘は普段から「電話を受ける」ことは頼まなくてもやってるので;というより出るなと言っても出る;これくらいの操作なら簡単です。娘はボタンを押し、私の携帯から私のPHSへと電話がかかります。

「よし、上手だ。覚えたね。じゃ、何か大変なことがあったら、電話をするんだよ。」

「うん、わかった!次女が起きてゲボ(嘔吐のこと)したりしたら、かけるね!」

「そうだ。そうじゃなかったら、かけちゃダメだよ。電話をかけたら、パパすぐに帰るから。買い物しないで帰るから。そしたら、スコーン作れないぞ。」

「わかった!」

そして私は、バイクで買い物に出かけました。だけどもああは言っても、娘の約束は実は信用してません。おそらく電話をかけてくるでしょうね。電話をかける初めての機会、そりゃ、かけるだろう。「大変なことがないとかけてはいけない」というシバリはありますが、「たいへんなこと」をしでかして電話をするというマッチポンプは、娘の性格や成長段階を考えると、ない。おそらく大したことではないことでかかってくるんじゃないかな。

最寄のコンビニでベーキングパウダーを見つけられず、やや規模の大きめのスーパーまで足を伸ばして、レジの列に並ぶころに、私のPHSにコールがありました。そらきた。

「もしもし。どうした?何かあった?」

「パパ、大変なの。次女が、次女が!」

「次女がどうした?」

「次女が起きてね、パパのパソコン触ってるの!」

あ、そりゃ大変だ。起きちゃったか。そういえばノートPCは電源も切らずに開いたまま居間にある。ていうかさすが姉妹、似とるがな(笑

「じゃ、触らせないようにして。パソコンは、閉じておいて」

「わかった!じゃ、切るね!」

というわけで何事もなく帰宅。確かに大変といえば大変なことでもあり、約束を守りつつ娘も電話をかけることができた。よかったね。

pscorn-1.JPG

帰宅後、固定電話のほうも、取説を引っ張り出してパパ携帯番号、ママ携帯番号のショートカットを設定。そのことは娘には、まだ教えていません。