MetLog

夢の島の熱帯芋煮会

今日は夢の島の熱帯植物館の開館記念日イベント、芋煮会に行ってきました。芋煮会といっても煮る芋はヤムイモにタロイモ、キャッサバにバナナまで入っているという噂。熱帯植物園だけに。

都立 夢の島公園 > 熱帯植物館案内

IMGA0583.JPG

初めてこのイベントを知ったのは去年の今頃、ウェブニュースで知りました。今読んでもなかなか詳しい良い記事です。

夢の島熱帯植物館で味わったトロピカルイモ煮 | エキサイトニュース

でも読んだ時にはイベント終了後。スケジュールソフトの一年後あたりに「夢の島熱帯植物園の芋煮会スケジュール調べる」みたいなことを書き込んでおきました。こういうことができるあたり、手帳よりPIMのほうが優れているなぁと私は感じました。手帳でも管理の仕方や好みのやり方もあるので人によって違うとは思いますが。

芋煮会開始まで、中を観覧。長女4歳、あまりのジャングルっぷりに泣く。写真は中庭あたりから。

IMGA0585.JPG

11時から、まずは館長による熱帯の農作についての簡単な解説。参加者の年齢層は高めでちょっと枯れた感じ(笑 しかし皆熱心で、館長の話のあとでは質問が飛び交っていました。

ちなみにこのイベントは芋煮を含めて無料、ただし入館料は当然必要。でも植物園だし、入館料は大人250円、未就学児童は無料と、かなり安いです。

IMGA0590.JPG

園内のキャッサバ一株を館長が掘り起こしたところ。幹はデカイけども芋はサツマイモ数個分程度。でも栽培がラクだからそれでいいんでしょうね。

あ、でも芋煮は植物館で採れたものではなくて、内外から取り寄せたものだそうで。

IMGA0586.JPG

芋煮に並ぶ人の列。大丈夫なのか?という気持ちを察してか、スタッフから「大丈夫ですよ充分に用意してますから」との声。

IMGA0595.JPG

これがソレ。和風、というか豚汁。豚肉やニンジンや大根も入ってます。それに違和感なく熱帯農産物をプラス。タロイモ、ヤムイモは里芋っぽい、というかほぼサトイモ。リョウリバナナも芋っぽい食感で、むしろバナナっぽさを感じないほど。それでも完熟すれば甘く生食可能なんだとか。

IMGA0599.JPG

全体的に閑散としてるわけでもなく、かといってすごい混みっぷりでもない、ほどほどさ加減がいい感じなイベント。平日に挟まれた休日には丁度いいボリュームの、楽しいイベントとなりました。

IMGA0600.JPG