MetLog

くるみを頂く

くるみを頂きました。ネット友人(という気がしないこの頃)のばるこさん(BARUKO'S STORYLAND)から。

九州出身の私にはクルミは馴染みがありません。九州でも自生してはいるらしいのですが、やはり寒い地方が本場なんでしょうか。

PA310025.JPG

箱に隙間が多いのは、一緒にリンゴも頂いたためです。

和クルミ、といっても鬼ぐるみのような野生種ではなく、シナノグルミという食べやすい種らしいです。

といっても、西洋クルミよりは殻も固そう。さてどうやって割ったら良いものか。くるみ割りのようなものはウチにはありません。口の大きいプライヤーのような工具があればいいんですが、それもありません。カナヅチを家の中で振るのも殻が飛び散りそうでイヤです。

さてどうしたものか。コイツで代用。

PA310029.JPG

板などを固定するのに使う、クランプ。これでゴリゴリ締め上げて、砕いていきます。

くるみは殻つきだと味も損なわず長期保存が効くようです。ただ割るのは大変ですが。

中は綺麗なものです。このまま食べても美味しい。軽く煎ってから食べるのもまた良いようで。

PA310031.JPG

今回は「くるみあん」に挑戦。殻を剥いた状態で100グラム強をフードプロセッサにかけて…

PA310033.JPG

すりこ木ですります。押していく感じですかね。湿り気を帯びた感じになってきます。

砂糖を大さじ1杯、それと水を少々加えます。

PA310038.JPG

かなり抵抗感が出てきて、水以上に油が染み出してきました。このくらいでいいのかな?

PA310040.JPG

とりあえずホウレンソウのおひたしに混ぜてみたところ、当然のように美味。冷奴に乗せてもよし。何にでも合いそうです。餅にも合うという話ですが、まだ餅は無いんですよね。

まだまだ残ってるクルミもどうやって食べようか、考えると悩みますね。

中華の炒め物に、スパゲッティに、クルミミソにしてオニギリに、パンに合わせて、スコーンに入れて焼いて。考えてみれば和・洋・中、前菜・副菜・主菜・サラダにデザート、何にでも合う。しかも殻付きなら日持ちもします。殻を割るのは子供も面白がるし。これはいいですね。

いくらあっても困らない、いいものを頂きました。ごちそうさまでした。

コメント (4)

ばるこ:

うちの姑は、十円玉一枚でくるみを割るんです。
私はお花用のはさみ(硬いもの)の先端で。
うまく割れるポイントがあるんです、お時間あったら探してみてね。

十円玉一枚ですか!すごいですね。

ポイントは、尖ってる頂点の反対側とみた。今度やってみます。

おいしそうですね~。

美味しかったですよ。丁度季節柄、取れたてのものを頂きました。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)