MetLog

無断リンク禁止2006 リンクを貼るところは?

昨今「無断リンク禁止」を主張するサイトを巡って、話題になっています。

SiroKuroPage - 無断リンク騒動まとめ

定期的に一部ネット界隈(どこ?)で議論と軽い騒乱を呼ぶ、いつものテーマではありますが、今回はちょっと思うところがあります。あんまり否定的に批判するのもなぁ…と思いつつ、思うことをツラツラ。

ちなみにMetLogでも過去に話題にしたことあり。

今日の各種ネタ雑感 (MetLog) (終わりのほうね)

Blogって、構造的に無断リンク禁止というのとは対極にあるんだよね。無断リンク禁止(を仮に良しとして)にしようとするには、向いてない。エントリの数とアーカイブの数だけ、つまり書いた日数分以上は軽く、ページを作っていく。それはつまりそれだけリンクされやすい枝を作っていくということで、枝の末端、つまり個別のエントリページは「パームリンク」(永久リンク)と呼ばれ、つまり「ここにリンクしてください」という意味だと言ってもいい。そういった設計のものを使って逆のことをやろうとするのは無理ではないかもしれないけども大変なことだと思います。

だからって短絡的に「ブログ使わなきゃいいのに」「パスワード制にすればいいのに」と切って捨てても作者さんは納得しないでしょう。

今回、Yokoさんのブログが火元なわけですが、Yokoさんの注文は単純ではありません。「リンク禁止」とか「要申請」とか言わない。ただ「トップをリンクして欲しい(それ以外は止めて)」というものです。決してパスワード制にして篭れば解決、ってわけではありません。

ええと、どこが火元かというと、Yokoさんのblogなんですが、説明からして面倒だな。リンクを張って説明したいんだけどもどうもまどろっこしい。トップページに貼れ、ということなんだけどもまずトップページが分からない。トップだから最上級階層、Yokoさんの場合はhttp:// ( ID ).fc2.com/ という形になるのかな。と思いきやそうではない。元ページはGeocitiesのページで、そのフレーム内にFC2のブログが入っている形。それはちょっと…

ちなみに、うるさく言うとGeocitiesではこういう他サービス/サーバーへの入り口としての使い方は規約違反。あと他サービスをフレームに組み込んでいるので「もっとも大きなフレームの一番上に広告バナーを表示する」というGeocitiesの規約も違反しているようにも思えますが、その点は、とりあえず仮によしとして(ここで良しとしないと、話が長くなる上ここで終るので良しとしてください)

で、そのフレームのページ。

Yoko's Room

このサイトの下フレームにある「blog」の該当エントリは日付2006年10月18日 [水]のタイトル「迷惑なんだよね。」なんですが、日付で追えないのでカテゴリーアーカイブで探すほかはありません。「ネット関連 」カテゴリにあります。ですがテンプレートをよく変えるようなので、その道順でいつも行けるかどうかは良く分かりません。ああ、それと、先に進む前にAboutを全て読め、とあります。で、Aboutをクリックして全て読めばいいかというとそうではなく、Aboutを読むところに従えば、さらにリンク先の「Profile」「BBS利用規約」「リンクについて」「全体利用規約」を読まねばならないようです。気をつけて!

なんか言いたいことを言うまえに力尽きそうです。思うことをツラツラ書くので、この辺のことはあまり言いません。


書かれた当人とのチャットを起こされた方がいるので、それを読みました。

Onlooker+beta: 無断リンク問題で渦中のYokoさんとチャットで話した。その1(その3まで続いています、なかなか興味深く読み応えがありました)

読むと、それほどヘンな人でもなく、ちょっと無防備だったりピーキーなところはありそうな印象は受けましたが、大筋いい人なんだろうなと思いました。共感するところもあります。urlを変えたくない、というのは分かります。地道に書いていった結果、積み上げたものをおいそれとは手放せませんしね。

おそらく、Yokoさんは解析結果などをよく研究しておられるのでしょう。多くは検索サイトから来ている。だからurlの固定にはこだわりたい。ブログの利点を生かしてたくさん来てもらいたい。だけども、個別ページへ飛んで来た人を制限せず歓迎しつつ、そこへのリンクはダメ、トップから(しかも分かりにくい!)というのは、ちょっと虫がよすぎる感じもします。

なるほど、Yokoさんはそれで個別アーカイブへのリンクがなく、トップへのリンクはある、と。かなり弄ってるようですね。

しかし検索してきた人は、まずそこが無断リンク禁止だなんて分かりませんもの。どこにも書いてないし。となると、全ての個別ページに「無断リンク禁止」と書いてないと、分かりようもないので従いようもありません。テンプレートを加工すれば済む話なので、それは必要ですね。

…と思っていたら、今日になって検索エンジンの個別リンクへのクロールは避ける設定に。googleなら site:(ウェブサイトのurl) (検索内容)で、サイト検索ができるのですが、全て弾かれるところをみると、考えを変えて検索避けを行ったようです。さらにテンプレートを変えたせいでしょうか、今まで行けなかった個別リンクへ行けるようになってますね。トラックバックも受け付けているようですが、これは混乱します。ええと、個別リンクがダメなんだから、トラックバックは無い、というかあってはならない、ということなんだよね。地雷?


あとはてなブックマークにリンクされることを激しく嫌ってるようではありますが、実は拒否できるんですね。

機能変更、お知らせなど - はてなブックマーク日記 - はてなブックマークにおけるリンクの考え方について

特に閲覧制限を行わずにはてなブックマークからのリンクのみを拒否するには、ウェブページのサーバー上にてはてなブックマークサーバーのIPアドレス(現在は221.186.146.26)からのアクセスを拒否することで拒否を行うことも可能です。

上記チャットで出てきたはてなのページを読んで今初めて知った。


Yokoさんの発言に、かなり無理があるなと感じるのは「強制義務」といいながら、それを軽く無視できてしまう点でしょう。そこまで強制したいのであれば、そうせざるを得ない仕組みにしなければ意味がない。


直リンク禁止というのは素人っぽい発言だ、とその道の玄人は馬鹿にする…という心情的構図は変わらないのかもしれませんが、実際、アクションとしてはそうとばかりも言えないようです。

直リンク禁止とその実現方法(1)

の、ケース1:マスコミ(特に新聞社)のサイトが直リンクを嫌がる例など興味深い。

新聞社のサイトにはトップページはもちろん個別の記事にもほとんど広告が入っている。当然ながらトップページの広告料は個別記事上の広告料より高めの料金が設定されているだろう。それなのに、他のサイトから個別の記事にに直リンクされてそこだけアクセスされ、すぐにユーザーに去られてしまっては、トップページに広告を出してもらっているスポンサー様に言い訳が立たなくなる。

大きな組織で無断リンク禁止、という要請があれば、プロともなれば正論で断るわけにもいかないでしょうね。クライアント様が無断リンク(個別リンク)禁止、と言えばなんとか実装するほかない。

やがて、いびつであれwebの精神に反するものであれなんであれ、個別リンクや無断リンクの禁止というのは実装していくのではないかと思います。そうなると、そういう技術を使ったサービス、というのもまた出てくるでしょう。それがどういうことなのか、何をもたらし何を失うのか、までは私には分かりませんが。


あといろいろ思うところはあるんですが、まとまらないのでまたいつか書くかも。書かないかも。