MetLog

インレタはもう売ってない

何週間か前にIKEAで買って組み立てた小物入れ (MetLog: IKEA 再び) でしたが、生の木というのも味気ないので、丁度家に余ってた濃色のワトコオイルを塗ってみました。なかなかいい感じ。

P8120002.JPG

文字はインレタ。インレタ、って知ってますか?インスタントレタリングのことで、文字をシールのように簡単に、綺麗に貼りこめるものです。懐かしい。

シールのようなものなので堅牢さはありませんが、暫く使っていれば、剥げたら剥げたで日焼けや汚れで文字が読める状態になってるに違いないと思い、気にせずに貼りました。

ところでこのインレタ。昔はどこの画材屋さんでも、数十種類を越えるさまざまな書体やサイズのものを置いていたものですが、今はどこにも売ってませんね。そりゃそうだ。大抵はパソコンのプリンタで用が足りますから。

商品が消滅したかというと、そうではなく今もあります。これは取り寄せてもらいました。

P8120001.JPG

インレタ。昔はわりと使ってたと思うのですが、何に使ってたっけな?うーん。


そうそう、思い出した。カセットだ。カセットのケースだ。お気に入りの音楽を詰めたカセットのケースには、雑誌の付録や切抜きをした写真を貼ったりして、タイトル面にはこのインレタで、文字を貼りこんでいったんですよ。私だけじゃない。結構みんなそんなことをやってた。

何かの付録や配布物として、南国の浜辺だとかニューヨークの街並みだとか、綺麗な写真のインデックスカード(カセットテープのケースに入れる紙)とセットで、インレタも一緒についてきてたりしてました。そういう商品もあったような気がします。懐かしいなぁ。

よくよく考えてみれば、今から25年くらいは前の話になりますかね。それなりに音楽を聞いてましたが、CDなんてその頃は、まだ無かった。レコードもあったけど、高かったな。アルバム一枚の値段は今と変わらないくらいですけど、物価を考えると今より高いものだったと思います。中学生にはおいそれと買えるようなものではなく、熟考に熟考を重ねて、月に一枚をやっと買えるかどうか。いや、それは高校生の時だ。中学生の時はレコードをカセットに録音するシステムそのものを持ってなかった。それ以前に、レンタルレコード店なんてものも、そうそうありませんでした。

そんな中学生の頃って、どうやって音楽を聴いてたっけな?何か忘れてるな…


思い出しました。そうだ。エアーチェック。エアーチェック、って、分かりますか?最近じゃ、通じない言葉かも知れません。FMラジオから流れる音楽を、ラジカセだとかステレオセットで録音することです。みんなそんなことをやって、音楽を聴いていました。

自分もやってたなぁ。そういうこと。編集して、DJのおしゃべりが入らないようにしても、曲を綺麗に録れることってあんまりなかったり。FMレコパルとか週刊FMのような雑誌を買って、そうだレコパル。あれについている付録のインデックスカードが綺麗で。結構買ってたような気がします。

レコパル、インレタ、エアチェック、インデックスカード。死語だよね。よく思い出した、自分。結構大事な思い出のような気がします。

その頃は、音楽を聴いて、というか向き合って、感動するようなことも多かったと思います。今はすっかりそんなことは減ってしまった…というよりほとんどなくなってしまったけれども、iTunesにちまちまジャケ写真を貼り込んで見たり、自分の中で好きな曲をランキングしてみたり、ベスト曲集のようなものを作ってみたりというのは、時代が変わってメディアが変わっても、やってることは似たような感じなのかなーとか思いました。


買ったばかりの小物入れの引き出しの奥から、恐ろしく古い思い出が出てきたよ。驚いたね。


「ブログ」に「iTunesがどうの」「iPodがどうの」なんて書いてるような日常もまた、やがて同じように死語の世界の彼方の遠い思い出になるんでしょうかね。

コメント (6)

天ちゃん:

あーなつかしいです。
私も探したら出てくると思う。>インレタ
私もカセットで使ってたクチですけれど、あと、自分の創作ノートにも使ってました。
キレイな包み紙でノートにカバーして、タイトルをインレタでハリハリして。今でもそのノートは持っています。
エアチェックもノイズが入らないように必死になった覚えが。
なんかなつかしーです。ほんとに。

Hyo:

インレタもう売ってないんですか!

入社当時はインレタでデザインモック作ってました(驚
あと、文字を「オートスタット」で拡大縮小して「クロマキー」を作って
モックアップ使用していました
コピー機で簡単に文字を拡大縮小できるようになって、
えらく感動した覚えが(笑
会社でももう知っている人も少なくなってるんだろうな

懐かしいですね。中学生のとき、自分の作曲した作品の清書にインレタ使ってました。

>てんちゃん

ノートですか。インレタを貼り込むってだけで、気持ちの込め方が伝わってきますよね。

>Hyoさん

なるほど。デザインモックなら、便利そうです。曲面でも簡単に張り込めそうですし。

デザイン分野なら、まだ需要も…とか思いましたが、消えるスピードちょっと早いですよね。

>むろやん

メイン用途は、やはりインデックス用に、というのが多いんですねぇ。

実は私も、大学のビデオ作品提出の時は、インレタを使った覚えが… 遅。それでも十数年前だなぁ。最後のインレタを使った記憶かも。

KAA:

テプラによって駆逐されてしまったものかと...

metro:

テプラとは役割が違いますからねえ。
今のテプラの汚いフォントより、昔の樹脂を押し出す印字のほうが味があってよかったのに。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)