MetLog

雨の中、IKEAに行ってきました

雨の中、IKEAに行ってきました。

ikea001.JPG

IKEA | IKEA 船橋
イケア - Wikipedia

IKEAはスウェーデンの大型家具屋さん。徹底したコストダウンで、画期的な低価格化を実現。

しかしその混みっぷりといったら。オープンしてかなり経つのにそうとうな人ごみです。家具屋の人ごみじゃないですね。見聞きすると、県外都内から随分来ている様子。

中で感心することはいろいろあったけど、子供用の遊具の多さにも感心しました。子を持つ親の世代をターゲットにした店舗というのは山のようにあるのだけども、子供対応にここまでシッカリ力を入れてる店は、見たことがありません。子供を連れて、家具を見て回れる。歩いて行く先々に遊具がありますから、見て回るのもラク。入り口付近に、大きな遊戯スペースもありますし、店内のフードコートにも遊戯ゾーンが用意されています。スゴイ。

大量生産や、梱包のコンパクト化、各種セルフサービス化によって低価格化を謳ってて、大型家具なども、客が倉庫に取りに行って、自分で持ち帰り自分で組み立てる、が基本。品物は、確かに安い。シッカリしててデザインも良い。今日は本棚を2つ購入。高さが2m以上もあるのだけども車(ヴィッツ)に入るのかなー?

ikea002.JPG

入りませんでした orz あとちょっとだったんだけどね…

この日ほど、小型車2台体制を悔やんだ日はありません。(でも大型車は買わないけど)今度行く時は誰か他の人の車借りようかな。

持ち帰れれば、買ったその日に設置できるし、家具の組み立てなどどうということもないでしょう。現に、今あるスチール棚は組み立てタイプだし自分で作った棚というものもあるし。

とにかく持って帰れなかったので、宅配便サービスをお願いすることに。4000円くらい。ちなみに2m超の棚は、一つ5900円。馬鹿らしいな。

ついでに買ったものたち。家具ばかりでなく、食器なども充実。もちろん安い。たとえばミルクホイッパー。あれだけ苦労して修理した(MetLog: ミルクホイッパーのモーター交換)ものの、現在行方不明中なので購入。しかし150円。修理用に買ったモーター程度の値段。

ikea003.JPG

CDケース。シッカリした箱が2つで690円。試しに買ってみた。なかなか立派なものだが…

ikea004.JPG

これも組み立て式。コンパクトにまとめてあります。2個セット。

ikea005.jpg

あけてビックリ。なんと、紙。ボール紙?

ikea006.jpg

金具をカチっと嵌めると重厚な印象になって見栄えもいい。組み立て自体は、ラク。

ikea008.jpg


しかし紙をボルト留め。この辺の感覚は、日本の製品感覚にはないものだろう。それに、CDケースの内側にボルトむき出しってのも、日本の消費者には受け入れがたい感覚にも思えるけど、大丈夫かな。

ikea007.jpg

ラベルもついているけども、点線の入ったただの紙。日本製なら、ミシン目が入っているか、あらかじめカットされているんじゃないか。このへんもコストダウンが徹底。

ikea009.jpg

驚いたのが組み立て説明書。なんと、単語らしきものがない。「?」「IKEA」くらいですかね。「?(分からないことがあったら)」「IKEA(お店に電話してね)」ということだろう。これならば、各国向けに説明書を用意する必要がないし、各国を網羅した無駄に枚数の多いマニュアル(PCなんかに多いですよね)を用意しなくてもいい。

文字がなければ、それだけ分かりやすくもしなければならず、内容も洗練されたものに。インターフェイスのお手本だな。

ikea010.jpg

ikea11.JPG

コメント (4)

日本は木と紙の国・・・というのはもう昔のことでしょか。

> しかし紙をボルト留め。

プラボルトで留めるキットならムジにもありますが、メタルのボルトは見たことありませんね。
メタルにするなら割ピン(割リベット)とかにしてそうな>日本人

メタルのボルトってなんとなくオーバースペックじゃ?(笑)
コスト的には安いのか?

そうですね、日本だったらプラボルトや割ピンですよね。

日本製でも、実はボール紙に紙を張った箱、といった製品だとか、ビニールケースでも芯材がボール紙という製品も多く見かけはするんですけどね。紙自体は見えないようになってることがほとんどではないかと思います。

メタルのボルトは、たぶんメインの家具で使うでしょうから、そういった意味でコスト的に安くなるんじゃないかと思います。

紙だって安っちいモノばかりじゃありませんよね。
ボール紙をハニカムに組んで芯にし、デコラ(?)を張った“木の机”を見たことがある・・・ような気がします(うろ覚え)。
そうすることで超軽量です、というのがウリだったような。見えないところで頑張ってます。

私自身も、紙や段ボールで工作するのが好きです。スーパーからもらってくるから材料費が安いし、加工が楽だし。

(論旨がずれてごめんなさい)

いえいえ、コメントありがとうございます。
紙って丈夫軽量安価で加工も容易、ってことで工作の基本ですよね。

テーブルは未見ですが、ダンボール製の椅子なんかは見たことがあります。

加工の手間暇を考えると、樹脂系の製品には負けちゃうかもしれませんが、紙製品の味ってのは魅力的です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)