MetLog

ノートPCのバッテリーの上手な使い方を教えてください。

バッテリー不具合で修理に出していたノートPCが帰ってきました。 (MetLog: ノートPC(EpsonEndeavor) バッテリー死亡?)

いくら充電してもバッテリーメーターは10%に届かず。充電ユーティリティを使ってもそんな感じ。コンセントに繋いだノートPCは常に「充電中」ランプがともっている。当然、プラグを抜くと動作をしない。そんな状態だったので修理に出した(無償)のだけども、これが同じ症状で2回目。買って半年経ってないのに。2回目とは言っても、動作に問題はないからガマン期間は長いんですよね。

バッテリーフル充電の絵を見るのも久しぶり。

fullbatt.jpg

メーカーの対応は、二回目も同じくバッテリー交換のみ。同じ対応なら同じ結果が待ってると思うのだけども…どうなんだろうか。単純にバッテリー不具合ってことなんでしょうか。どこかで僅かにショートしてるとか問題のないレベルでちょっとだけ漏電してるとかそういうことってありえないんでしょうか。あるんじゃないかと思ったり。あと私の使い方が悪いの?それともよくある現象なの?なんかこういうハッキリしない症状ってカナリいやです。どうなんでしょうかね。


最近W-ZERO3が楽しくってしようがないのでまた言及しますが、W-ZERO3のバッテリーの持ちが悪いという話を、結構あちこちで見かけますが、どうでしょうかね。

比較対象がアレですけど、iPod nanoとか使ってると、それに比べてカナリ良いとも思います。nanoを大人しく使ってても(=液晶バックライトon の時間を極力短めにしてる) ものの一時間も使ってるとバッテリーメーターは減り始めてしまうわけです。ところがW-ZERO3は液晶バックライトを使う操作を続けているにも関わらず、一時間半くらいではフル充電マークは消えないんですよね。ビクともしない。がんばってるんじゃないか。とも思うんですが、どうですかね。

バッテリの容量ですが、技術の進歩によって新しいものがちょっとデカイにしても、最大要因はサイズ。同じ方式のバッテリならデカイほうが比例して容量もデカイ。

裏蓋を外して、手持ちの携帯とiPod nanoと並べてみた。携帯の倍以上のサイズだというのはともかく、なんとnano全体よりW-ZERO3のバッテリのほうがデカイっぽい。少なくとも長辺はnano全体より長い。

P2120021.JPG

メーカー的にはいっぱいいっぱいがんばったのではないかと思います。少なくとも私は不便を感じないバッテリー容量です。

ただ、無線LANで接続するとモノスゴイ勢いでバッテリーを消費しますね。無線LANスポットのサービスが6月まで無料なのですが、有料化以降は使わないだろうなぁ…

コメント (2)

KAA:

バッテリはを長持ちさせるには定期的に残量をゼロにすれば
良いといいますがそれにしても徐々に劣化するのは仕方ないかもしれません.

やっぱりバッテリは消耗品ということでしょうか...

残量ゼロはよくないようですよ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)