MetLog

石鹸合体実験

ちびた石鹸の合成方法を以前のエントリでお願いしてみたのですが…MetLog: 石鹸合体方法教えてください。

P1210006.JPG

このように、バームクーヘン状に積層した石鹸は、使うときにすぐにバラけてしまい、不便です。どうしたものかと相談してみたところ、コメントでよいアイデアを授かりました。

自分でやったことはありませんが、電子レンジで暖めてやわらかくしてから、粘土の様にこねてひと固まりにするというアイデアも見かけたことがあります。

電子レンジ!うーん、石鹸に電子レンジは、タマゴ同様NGだったような…たしか膨れるんじゃなかったか。と思ってGoogleで検索して調べてみたところ、電子レンジで合体というのはアリのようです。むしろポピュラーなのかな。

+αOL主婦の節約生活~節約術・裏ワザ・生活の知恵の紹介

小さくなった石鹸を大きくする技

小さくなった石鹸をいくつか集め、小皿に少量の水と一緒にいれ電子レンジで約2分。柔らかくなったら、手で形をつくります。固まったら立派な石鹸ができあがり。チンする時にエッセンシャルオイルを少量加えると、香りつきの石鹸が出来上がります。

小さくなった石鹸を大きくするというところに若干の不安を感じつつ、適当にトライ。まずは細かくして、適当な容器(紙製ヨーグルト容器)に投入。一応水も足してみました。

P1210009.JPG

で、電子レンジに。二分ということらしいけど、様子を見ながら適宜ということで一分に設定。一分後、レンジの中はとんでもないことに。

P1210010.JPG

あふれてる。とりあえずあふれた分もあつめて再び容器へ。柔らかくはなっているので、押し合わせてみた。大体7,8分目あたりに納まってる。

隙間が埋まって納まってるとはいえ、体積的には増えているような気もしなくもない。気のせいの範囲内という気もしなくもない。不明。

P1210011.JPG

以後10秒程度でも溢れてしまう感じに。容器ではなく、ラップにまとめればよかったのかも。まぁいいや。その後数度練っては加熱、ということをやってみて整形してみました。

P1210012.JPG

それを放置して適当に冷めたあたりで、容器から取り出したもの。見てくれはカナリ悪いですね。

P1210013.JPG

ツナフレークのように結局ばらけて見えますが、実際に使うと気持ちよく一体化しています。泡立ちが悪い、というようなこともありません。めでたしめでたし。