MetLog

ブログの過去記事は埋もれる、というのは本当か?

あるページを閲覧中 (*注1)ふっと気になるフレーズに目が止まった。

時系列で管理されるBlogは過去の記事が埋もれがち。

違和感はあったけども、まぁそう思う人も居るだろうなと思ってスルー。ところが翌日、別の場所で、同様の観点からの発言があった。

ブログルポ~記事単位で人気ブログをランキング~

ブログの中には、本当にすばらしい記事が数多く存在します。

しかしブログの仕組み上、過去の記事は時間が経つにつれ訪問者の目に触れる機会が少なくなってしまいます。

過去ログは読まれない。生きてない。そんな風に思ってる人は多いのかもしれません。

確かにブログというものは、吐いては残して見ないというスタイルで進めるだろうし、いわゆるトップページから閲覧可能な記事は、直近の記事だけで、古い記事は探しにくいものもあります。過去記事が埋もれていくというのは「書く人」側の視点としては正しいけれども、閲覧者は本当にそうなんでしょうか。

というわけで、自分のサイトの過去の履歴から直近1000件を調べてみました。まずは、どこから見にきたかリスト。

linkgrph.jpg

半数以上は検索して見にこられてます。「直接」というのは、ブックマークなどから能動的に見に来られた方。あるいは、個別のページからジャンプして見ていただいた方も含まれます。あと、mixiのリンクから来られた方もここに含めました。

「他サイト」から来られた方、というのは、リンクページや紹介記事、あるいはトラックバック先から見えた方をカウントしました。

検索から来る場合は、まず「新しい」か「過去記事」かという区別はありません。また、トラックバックから来られる方もそういう新旧は、関係ないですね。そうしてみると、最新ログをダイレクトに見に来られる方、というのは思いのほかすくないのではないでしょうか。

ではつぎに、見に行った先についての分布を見ます。こちらはストレートですね。

accessgraph.jpg

「個別」というのは、個別の記事や、日別、テーマ別のアーカイブにアクセスを戴いた数です。新しい、古いに関係なく、求められる情報ならばアクセスされています。

それに比べて、直接トップページを見に来られる方は一割以下です。ブログは検索されやすく、またトラックバックによる連携がとれるので、思いのほか過去ログが参照されます。

さて、サンプリングしたのが私のサイトなわけですが、たまに少しだけ注目されることはあっても特に大人気サイトではないのはご承知の通りですし、MetLog: ブログの値段での位置付けをみても、ごくありふれた程度の位置付けにあると言っていいでしょう。多くのブログは、私のデータとかけ離れた値である、とは考えにくい。一般的なデータのうちの一つではないでしょうか。

ブログは過去記事を見ない、というのは、作者と、常連としてチェックしてくださる方だけで、実は過去記事こそ、埋もれずに見られているというのが実体のようです。

書き捨てるように蓄積していくブログではありますが、過去記事の修正や、情報の追加というのも、実はかなり意味のあることではないでしょうか。

結論:過去記事は埋もれない。

*注 1 :はてなブックマーク - Yahoo!ブログ - BUNGAKU@モダン日本 : 発想転換,トラックバックはこんなに簡単! コメント欄 →注1部分に戻る

コメント (10)

徳保隆夫:

グラフがカッコいいですね。どんなソフトで描いているんですか?

検索で来る人が半数以上とは。

>徳保さん

グラフは、一般的なベクター処理ソフトを使いました。使い慣れてる人には扱いやすいのですが、わざわざ使うのは却って面倒かもしれません。

>むろやん

過去記事が参照されることって多いんですよ。はてなダイアリーは、過去記事にコメントしても、作者には分からないんだったっけ?

つじ:

私も、他の人の書いたブログを読むのはもっぱら検索エンジンを経由してなので、『古いから埋もれる』とは思わないです。書いているほうにとっては、古い記事は心情的に、なんというか、「埋もれさせてしまいたい」と感じることはあるかも知れませんが。

「最新のコメント」の欄があるので、コメントがあったこと自体はわかると思います。

>つじさん

>埋もれさせてしまいたい

ありますね。なんというかツッこまれそうなエントリ、微妙なエントリ、ちょっとどうかと思うエントリの時は、ほかにもエントリを書いて紛れさせちゃえ、薄めちゃえ、みたいな。

どかっとエントリをまとめて書くときは、そういう時だというわけではないんですけどね。

>むろやん

あ、そうですね。最新コメントがあるからすぐわかりますね。

私は某はてなダイアリ(?)で最新コメント表示をしてなくて、すごい見逃していた経験があります。

mattz:

はてなDはコメント/TBがあったらメールで通知飛ばす機能があるので、それ設定しとけば見逃すことはないと思いますです。
たくさん来る人にとっては鬱陶しいのかもしれません。

>はてなD
言われると、はてなであればそういう機能はとっくにあって然るべき、ですね。確認してセットしておきます。

古い記事へのコメントですが、私のブログもいつの間にかアクセス解析機能が使えるようになっていたので、過去のアクセス状況について調べてみました。

私のところの場合、もともと少数の友人知人が立ち寄るだけのところなので、トップページにブックマークから直接来る割合が一番多いのですが、2番目にアクセスの多いページは、「CHKDSKコマンドが働かない」という題名で2年以上前に書いたパソコンの不調に関する記事でした。もちろん検索エンジン経由です。みんな、この種のトラブルで困っているんでしょうね。検索エンジンにみんなが指定している単語は、CHKDSKコマンドのエラーメッセージに出てくる単語などです。私の記事にも、たまたまそのメッセージを引用してあったので、それでヒットしているようですね。果たして記事やお役に立っているのかどうかはわかりませんが。

あと、ちょっと面白いところでは、「カレーにインスタントコーヒーを入れる理由」という題名で書いたページには、なぜか毎週1件か2件くらいアクセスがあって、検索後は、そのものズバリ「カレー コーヒー」だったりします。どういう目的でその組み合わせを検索しているのかと、ちょっと好奇心をそそられるところです。

まあ、そういういうわけで、metroさんの分析と考察は、やはり適切だと思いますね。

情報ありがとうございます。PC関連の参照はやっぱり多いというのは納得です。
カレーは、みんな好きですからねぇ。
「確かカレーにインスタントコーヒー入れると美味しくなるんだよね。今度やってみよう」→検索
というシチュエーションを妄想。そんな時つじさんの記事を読むと、ついつい読み入って、というパターンに違いありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)