MetLog

ソニーの性悪説

ソニーBMGのCD保護対策にセキュリティの懸念噴出--「行き過ぎ」との批判も - CNET Japan

ソニーのCD保護技術はウィルスとかそういうレベルの技術を使ってるという話。

徹底的にCDコピー排除の方向に動けばそういう領域に足を突っ込んでいかざるを得ないでしょうね。ソニーのCDをPCで聞こうとしなくて正解だったな。

性善説に基づいて「コピーしちゃだめだよ!約束だよ!」ってセリフが通用するほど甘くはないかもしれないけど、ガチガチに機械的にコピーさせないっていう方向にも無理がありそう。適当なところで折り合いを見出していかないとキリが無いし、取りこぼしも認めていく大局的な観点も必要でしょう。

たしかに、CDが出だした頃からデジタルコピーで劣化無く複製できる、という問題は言われてたけれども、現実にはデジタルメディアプレイヤーの音質はカナリ悪い。iPodはさらに悪いほうらしい。体感的には「カセットテープ以下なんじゃ?」と思うこともあるのですが、実はMD並なんだそうです。でもCDと比べると、音質なんて気にしない人でもハッキリとした落差に驚くことでしょう。

音質の悪いものには、10割の権利を主張しなくてもよさそうなもんだと思います。そこそこで手を打つレベルを見出すべきなんじゃないかと。

そもそも著作権という考え方自体が非常にデジタルで、なんでもかんでもカチッとした価値を当てはめるけれども、それもどうか。期限切れ間近の49年前に死んだ作曲家の著作権を、最近のものと等価と扱うのはどうか。不動産でもなんでも、価値の低下は順当に起こる。法律が定めるものだからといっても、一般的な感覚からすると、やはり著作権なんていうものも順当に価値の見直しがあっていいんじゃないかとも思います。法律を変えたらどうなるんだろう?変えてもいいんじゃない?

コメント (4)

rootkit:

>>現実にはデジタルメディアプレイヤーの音質はカナリ悪い。
そうでしょうか?
もしご自身が利用されていないでそういうことを記載するようであれば、よく調べてからの方が良いでしょう。
たとえば、こんな記事。
http://arena.nikkeibp.co.jp/tokushu/gen/20050930/113716/

間違いなく悪いですよ。
ご自身で、3つは持ってます。うち2つはiPodファミリー。

記事は見ました。
同一環境で比較してみてどうか、というのはそんな無茶な環境を使わなくてもできるので、実際に聞き比べるのが一番ですよ。引用ではなくてね。
ちなみにこの手の比較ではまず非圧縮データを使います。一般的には、可能であっても非圧縮データは使いませんし、iTMSなどで実際に販売されているデータも圧縮データです。
記事本文にもそのことには触れているのでよく読めば分かりますので、タイトルで内容を盲信しないほうがいいですよ。

つじ:

題名だけ見て、
「ソニーは性悪(しょうわる)だ」という説を、誰かが唱えているのかと思いました。Rootkitは、いくらなんでも問題がありすぎです。

除去するのも危険だとか訴訟に発展とか、広がりを見せてますね。

米ソニーBMG:音楽CDのウイルス懸念、訴訟に発展
http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20051110104.html

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)